コラム

芥川賞・直木賞受賞作、一挙紹介!!

 

2018年1月16日(火)に日本文学振興会が第158回、芥川賞・直木賞を発表しました。

毎年注目を集める文学賞の2つ。今回のコラムでは今年の受賞作品を一挙紹介します!

 

 

【芥川賞受賞作品】

 

純文学作品に贈られる芥川賞。

 

今年の受賞者は以下2作品です。

 

・石井遊佳さんの「百年泥」(新潮 11月号)

1963年、大阪府枚方市生まれ。さまざまな職業を経たのち、東京大学大学院で仏教を学んだ。現在は夫とともにインド・チェンナイに住み、日本語教師を務めている。今回、芥川賞の候補作となった「百年泥」は、昨年、新潮新人賞を受けたデビュー作。

 

「百年泥」は自らの思いとは反し、チェンナイで日本語教師をすることになった女性が100年に一度という洪水に遭う。そして濁流に流され、積み重なった泥から現れたものにまつわる出来事を追体験する、という不思議な味わいの作品です。

 

 

・若竹千佐子さんの「おらおらでひとりいぐも」(文藝 冬号)

1954年、岩手県遠野市生まれ、千葉県在住。岩手大学卒業後、結婚して上京。主婦をしながら小説学校に通う。本作で昨年、文芸賞を受賞し小説家デビューしたばかり。

 

受賞作、「おらおらでひとりいぐも」は、15年前に夫が亡くなり、子どもも家を出て一人暮らしをする74歳の主婦桃子さんが主人公。孤独と衰えを前向きにありのままとらえ、老年だからこその自由さを描いています。自分の中からわき出る複数の思考を、岩手弁で重層的に繰り出すように語り、地の文では標準語を使ったメリハリのある文体で、積極的に生きる主人公の姿勢がテンポ良く展開しています。題名は宮沢賢治の詩「永訣の朝」の一節と同じですが、意味は逆で「私は私で独り生きていく」という気持ちを込めたそうです。

 

 

【直木賞受賞作品】

 

大衆文学に贈られる直木賞。今年の受賞作品は以下の1作品です。

 

・門井慶喜さんの「銀河鉄道の父」(講談社)

1971年、群馬県生まれ。同志社大卒。大学職員として働いた後、2003年にオール読物推理小説新人賞を受け、06年に「天才たちの値段」でデビュー。評論「マジカル・ヒストリー・ツアー ミステリと美術で読む近代」で日本推理作家協会賞、「東京帝大叡古(えーこ)教授」「家康、江戸を建てる」で直木賞候補に挙がっていました。

 

受賞作、「銀河鉄道の父」は、国民的作家、宮沢賢治とその家族の生涯を、父政次郎の視点から書いています。岩手・花巻で質屋を営む政次郎は、明治生まれの父親らしく厳しくあろうとする一方、夢を追い続ける賢治を隠しきれない愛情で支えていました。天才だが、社会的能力に欠ける子を愛憎の念を持って育てるという、現代の父親にも通じる思いを描き出しています。

 

芥川賞を受賞した石井さんと若竹さんはともにデビュー作で受賞をするというシンデレラストーリーを駆け上がるなど、今年もドラマがあった芥川賞と直木賞。

何か読みたいけど、良い本ないかな~と迷っている方はぜひ、読んでみてはいかがでしょうか。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人5,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。