コラム

本の「帯」はそもそもなぜ必要なのか?

 

新刊の書籍にはほぼ必ずといっていいほど「帯」がついています。

本は帯がなくてもISBNやCコードなどの書籍に関する情報はカバーに記載されています。読者の側からすると、本を読むときにかさばり、購入後には捨ててしまう人もいます。腰巻・腰帯とも呼ばれる「帯」の存在意義とは何なのでしょうか?

 

「帯」は出版社の広告宣伝枠

 

実は帯については、正確な歴史や由来はないのが現状です。ただ、「出版」をテーマとする既刊書籍や雑誌の記述を参考にすると、広告宣伝としての意義を説いているものがほとんどです。

1971年刊行の「出版辞典」(出版ニュース社)では、「一説には、昭和初期の左翼出版物が、店頭の宣伝効果をねらって帯をつけたのが最初ともいわれる。…」と記述されており、他の多くの帯に関する記述で引用されているようです。

書店でお客さんが本一冊を見る秒数の平均は0,2秒というマーケティングデータもありますから、その一瞬で本の内容が端的に分かるようにかつ手に取ってもらうように仕向けなければなりません。よく「重版」「○万部突破」や「著名人(その書籍のテーマにおいて)による推薦文」が記載されているのは、「その書籍は売れている実績があるから買おう」「あの有名人が推薦しているから買おう」という気になってもらうためなのです。

ある記者に「帯をつけるとつけないとでは売れ方が違うと思うか」と聞かれた際、「買うか買わないかは別として手に取る率は二、三割違う」と答えたといった話(参考:宗武朝子「「帯」の話」『EDITER』1976年1月号)もあり、十分な広告としての役割を果たしているといえます。

 

「帯」は本のデザインにも深く関わっている

 

いくら「帯」の文言が広告として優れていても、読まれなければ意味がありません。そのため、帯の中で文言をどのように配置するのか、文言・数字が複数あるなかで、どれを際立たせて目に入りやすくするかで、売れゆきが大きく左右されます。

また、カバーデザインの延長線上としても考えられます。きれいなカバーデザインだから一体感をもたせるために一枚のイラストや写真に見えるように使うパターンもあります。新書に多いパターンですが、帯がカバーを覆うような大きさのものもあります。

そのほか古書市場で言うと、「帯」のあるなしで価値が変わるといったプレミアムの意義もあるようですが、基本的には如何にして読者を獲得するかの主戦場、それが「帯」なのです。

皆さん意識して「帯」を見てみましょう。

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人5,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。