コラム

伝わる文章を書くために必要な「読む」技術**

どれほど長く文章を書いても、意図が相手に伝わらなければ意味がありません。

そのため、読み手を意識した分かりやすい文章を書く必要があります。

分かりやすい文章を書くうえで必要となるのが、読む技術です。

文章に親しみ、「この書き方が分かりやすい」「こうすれば人に伝わる」という学びを得ることは極めて重要です。

では、読む技術を上げるためには何をすればよいのでしょうか。

 

自分とは全く関係のないジャンルの文章に触れてみる

 

実は、読む技術を上げるために重要なのは「どう読むか」ではなく「何を読むか」です。

新聞、雑誌、ネットサイトなど、さまざまなジャンルの文章になるべく多く接しましょう。

幅広い文章を読むことで、多種多様な読者に合わせて文章を書くことができるようになります。

たとえば、女性向けのファッションサイトと、ビジネスマン向けの経済コラムとでは、掲載されるコンテンツも、それを紹介する文体も全く異なります。

一方にとっては一方の言葉が、まるで異世界のもののように聞こえるかもしれません。

これまで目にしたことのなかった媒体で文章を読むことは、受け取り手が変われば伝え方も変わるということを知るきっかけ作りになります。

 

読む力がつけば、読み手の視点に立つことができる

 

たくさんの文章を読むことで、読み手の視点から自分の文章を見直すことができるようになります。

あなたの文章は、あなたの知人やあなたによく似た方ばかりが読む者ではありません。

あなたが詳しい、あるいは強い関心を持っている分野とは遠い世界に生きている人にとっても、その文章は伝わりやすいでしょうか。

この判断ができるようになるだけで、文章力は格段に上がります。

 

まずはとにかく読むこと。

そして読み手の視点から文章を書くこと。

これができるようになれば、あなたの文章はより多くの方に伝わります。

書店に出かけて、これまで開いたことのなかった雑誌や専門書を手に取ってみてはいかがでしょう。

新たな書籍との出会いは、あなたに新たな発見をもたらしてくれるはずです。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。