コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > ブログを書籍化したい人がまずチャレンジすべき2つのこと

コラム

ブログを書籍化したい人がまずチャレンジすべき2つのこと

最近、ブログをもとにした書籍を書店でたくさん見かけますね。

『syunkonカフェごはん レンジで絶品レシピ』(山本 ゆり、宝島社)や、『世界でいちばんうれしい言葉』(めしょん、泰文堂)などがその一例です。

 そうした書籍を見て、自分のブログも書籍化できないかと考えながらも、その方法がわからず断念した経験はありませんか?

「自分は有名ブロガーでもないし、何か有益な情報をアップしているわけでもなく、ただ日常の出来事やなどを書いているだけだし……」

――そんな方に、あなたのブログを書籍にまとめるヒントを紹介してみます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

テーマごとに分類する

 

日々の出来事や頭に浮かんだアイデア、心に留めておきたい言葉などを書き綴ったブログをそのまま全部掲載すると、“ぼやけた本”に仕上がってしまう可能性があります。

そこで、詩集なら詩集、エッセイならエッセイと、ブログの記事をテーマごとにピックアップしましょう。

さらに、エッセイの中でも旅行に関するものや、自分の趣味について深堀りする内容など、さらに分類をして統一感のある一冊に仕上げましょう。

 テーマを選ぶときには特に、自分のこだわりの強いもの、自分の職業に関連するものなどについてまとめることで、作品に説得力や魅力が生まれます。

 

何かと組み合わせる

 

詩集やエッセイ集などは、それだけでも一冊の書籍として成立します。

さらに、たとえば動物や草花の写真やイラストなどと組み合わせることで、見た目に美しい書籍に仕上げることができます。

また、写真やイラストとの相乗効果で、詩やエッセイの内容も読者に深く共感されやすくなります。俳句×写真や、名言×イラストなど、組み合わせは無限です。ベストセラー『人生はワンチャンス!』もそのパターンですね。

 

あなただけのオリジナルな一冊を

 

「読まれる」ことを想定して書いたブログの文章は、書籍へと仕上げるのに向いています。
ちょっとした工夫で、あなたのブログを素敵な書籍に生まれ変わらせませんか?

レイアウトや装丁にこだわれるのはもちろんのこと、編集者の手を入れることで、トータルプロデュースすることができます。

せっかく書き溜めているブログ。書籍として、形にすることを考えてみませんか?

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント