コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 運命を変える!?自費出版でつかむ商業出版へのチケット

コラム

運命を変える!?自費出版でつかむ商業出版へのチケット

2007年に出版され大人気となった『B型自分の説明書』(Jamais Jamais 著、文芸社)。米倉涼子さん主演でドラマ化された小説『氷の華』(天野節子著、幻冬舎ルネッサンス)。映画「おくりびと」の原作『納棺夫日記』(青木新門著、桂書房)。

 これらのヒット作がみな、もともと自費出版で発売された書籍であることをご存じでしょうか?

出版不況が叫ばれる中、これらの書籍は商業出版をしのぐほどの売り上げを誇っています。

また、自費出版から作家として名をあげる方もいます。
今回は、その背景をご紹介します。

 

自費出版からの商業出版!どう生まれるか

 

『りんごかもしれない』『このあとどうしちゃおう』(いずれもブロンズ新社)などのヒット作を生んでいる人気絵本作家ヨシタケシンスケさんは、実は最初の書籍は自費出版でした。

 ヨシタケさんは、自分のイラストを人に褒められ、スケッチ集を自費出版したところ「たまたま手に取ってくれた雑誌編集者からイラストの仕事をいただき、絵本の出版につながった」とインタビューにて語っています。 

 シンデレラのようにつかんだ商業出版のチケット。

その後、『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)を出版、第6回MOE絵本屋さん大賞第1位に輝きました。

 このように、自費出版した本が大ヒットしないまでも、そこから注目されて声がかかる場合もあるようです。

 

「ヒットの法則」を覆す自費出版

 

「持ち込み原稿」という言葉も近年は聞かれなくなりました。
作家志望の人が出版社に原稿を送り、編集者の目に留まって「この原稿は魅力的だ、ぜひうちの会社から出版しよう」――といった流れが、少し前まではあったかもしれません。

しかし、出版不況のいま。出版社は「魅力的な本」だけ作ればよいわけではないのです。ですから、原稿を持ち込んで断られるのは、素人の書いたものはレベルが低いから……という理由ではありません。

出版社は書籍を売るため、読者の母数の大きい企画を考えます。
みなさんも、帯やキャッチコピー、電車内広告などで書籍を売り込んでいる様子を目にしているかと思います。いわば「ヒットの法則」に従って、売れる本を作ることに必死なのです。

その中で、先に述べた「B型自分の説明書」「氷の華」やヨシタケシンスケさんの作品は、編集者が思いつかなかった企画です。

著者自らが考え出し、プロの干渉を受けなかったことがヒットの一因でもあるのです。
必ずしも出版社が考える「ヒットの法則」に従わなくともよいのです。
かつての「持ち込み原稿」が担っていた役割は、いまや「自費出版」が担っているのかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント