コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 自費出版のすべてがわかる!おすすめイベント3選

コラム

自費出版のすべてがわかる!おすすめイベント3選

「自分が書いた原稿がそのまま本になるの?」「本当に本屋に置かれるの?」「買ってもらえるの?」など……。

「いつかこの原稿を一冊の本に!」と思っている方の中には、こんな疑問を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 自費出版の会社を調べても、何を基準に選んで良いか分からない。

そこで役立つのが「出版業界」に関するイベントやセミナーです。

今回は、さまざまな角度から出版の仕組みが解説するイベントをご紹介します。

 

トークイベント

 

出版社の現役編集者が登壇し、出版の仕組みを解説したり、お客さんの質問に答えたりするトークイベントは、各地で開催されています。

直近では、10月に『2016 BOOK TALK in 関西~私たちの「本と本屋の未来」を考える~』というテーマで開催されるものがあります。

本を読者に届けるまでの仕組みや、出版業界のあれこれを出版サービス会社代表と書店員が語ります(出版労連大阪地協Facebookページより)。

トークライブに行くような感覚で参加できます。

参加費は1000円~2000円ほどが一般的です。

 

電子書籍出版講座

 

電子書籍は、場所を選ばず世界中に発信できるツールです。

まだ日本では知られていない部分も多いですが、その道のプロが徹底解説してくれる講座があります。

たとえば「電子書籍制作のためのHTML講座」。

定員は4人と少人数で、かなり実践的な講座なので、参加には少し勇気がいるかもしれません。

ただ、しっかり勉強したい方にはおすすめです。

詳細はこちら

 

出版社による無料セミナー

 

出版社の建物内で行われているセミナーは、意外にも無料のものが多く、日時も選べて、より出版業界の空気を楽しめるかもしれません。

また、編集者の生の声を聞けるのも出版社主催セミナーの魅力です。

テーマとしては「編集者による原稿の書き方講座」や「はじめての本づくりに役立つ『出版基礎セミナー』」などさまざまです。

毎週開催されている幻冬舎グループのセミナー詳細はこちらです

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント