コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > ビジネス書の書き方講座/ビジネス書の目次を作成する  

コラム

ビジネス書の書き方講座/ビジネス書の目次を作成する

 

ビジネス書の書き方講座、今回はビジネス書の構成について考えていきましょう。

目次に着目し、その重要性と参考事例をご紹介していきます。

 

 

 

ビジネス書における目次の重要性

 

まず目次ですが、ビジネス書はとりわけ目次の作成に注力する必要があります。

前回でも説明しましたとおり、ビジネス書を読む読者は、何らかの悩みや苦手意識といった課題を抱えています。それを解決するためにビジネス書を手に取るわけですから、タイトルや目次などの目立つ箇所を見て、知りたい内容が含まれているかを判断しているのです。

読者が知りたい、面白そうだ、といった興味関心を持たせるきっかけがビジネス書になければ、書棚に戻されてしまいます。そのため、目次は自身が書きたいことよりも、読者の視点を重視し吟味していきましょう。

 

売れているビジネス書の目次事例

 

では、読者に知りたい、面白そうだと思わせるビジネス書の目次とは、どういったものなのでしょうか。

さまざまな表現の仕方がありますが、近年ベストセラーとなったビジネス書、岸見一郎/古賀史健著「嫌われる勇気」から考えて見ましょう。

 

この書籍の目次は、以下の4つになります。

・第1夜 トラウマを否定せよ

・第2夜 すべての悩みは対人関係

・第3夜 他者の課題を切り捨てる

・第4夜 世界の中心はどこにあるか

(出典:ダイヤモンド社「嫌われる勇気」

多くの人がどうしようもないと思っているトラウマは、否定しないと人は変われないこと、読者を悩ませる出来事はすべて対人関係でしかないこと、他社の課題は切り捨ててしまおう・・・。

「嫌われる勇気」というタイトルのとおり、意外性を感じさせる目次になっていますね。

 

また、2014年に人気となったビジネス書、ロバート・キヨサキ著「金持ち父さん貧乏父さん」も見てみましょう。

・教えの書―金持ち父さんの六つの教え

(金持ちはお金のためには働かない;お金の流れの読み方を学ぶ;自分のビジネスを持つ;会社を作って節税する;金持ちはお金を作り出す;お金のためでなく学ぶために働く)

・実践の書(まず五つの障害を乗り越えよう;スタートを切るための十のステップ;具体的な行動を始めるためのヒント)

(出典:紀伊国屋書店「金持ち父さん貧乏父さん」

こちらは、各項目のポイントをひとことで簡潔まとめており、本文を読む前にどんな内容なのかが想定できるビジネス書になっています。意外性を押した目次と同様、本文を読む前から読者の興味を引くことができる目次になっていますね。

 

このように、すでに出版されているビジネス書からもさまざまな傾向が分かります。自身が面白いと思うものを分析しながら、読者視点に立つことを忘れずに、目次を作成していきましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント