コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 実用書の書き方講座/実用書のテーマを選ぶ  

コラム

実用書の書き方講座/実用書のテーマを選ぶ

 

実用書は、日常生活に役立つための情報をまとめた書籍になります。

料理、掃除、ファッション、健康、美容、趣味、スポーツ、投資など。ベストセラーとなった実用書も、ごく普通の日常の中で関わる物事をユニークに取り上げています。

例えば「人生がときめく片づけの魔法」(サンマーク出版)や、最近ですと「フランス人は10着しか服を持たない」(大和書房)などの実用書が人気ですね。

実用書には著者の職業や実体験などを背景に執筆されていますが、日常的な物事を扱う分、
読者側も書籍のテーマに対してある程度の知識をもっていると考えておきましょう。

その場合は、実用書の内容について読者が納得できるくらい、
著者自身に専門性や実績などが必要とされます。

ですから、実用書を出版する際は技能・知識・情報力などを切り口とした得意な分野を選択しましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

意外と知らない印刷・製本~原稿が本になるまで~
“完成した原稿が手元にある。でもどうすれば本にできるのかわからない。“  そういう方、もしかしたら多くいるのでは…
狂騒の20年代―アメリカ文学の新しい幕開け―
狂騒の20年代とはアメリカ合衆国の1920年代を現す言葉で、この時代のアメリカの社会、芸術および文化の力強さを強調す…
筆が止まった作品を、最後まで完成させるための3つの方法
なにか文章を書いているとき、 「書けなくなってしまった……」と筆が止まってしまうこと、よくありますよね。小説やエッ…
認知症予防には自分史が効果的?!文章を書いて認知機能を高めよう
認知症は社会現象になっています。認知症の高齢者は年々増え続け、2025年には700万人を超えると厚生労働省が発表して…
60年代最大のロック詩人―ジム・モリソン―  
歌手でありながら詩人というアーティストは多くいる中、60年代後半に活躍した「The Doors」のフロントマン、ジム…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント