コラム

実用書の書き方講座/実用書のテーマを選ぶ**

実用書は、日常生活に役立つための情報をまとめた書籍になります。

料理、掃除、ファッション、健康、美容、趣味、スポーツ、投資など。ベストセラーとなった実用書も、ごく普通の日常の中で関わる物事をユニークに取り上げています。

例えば「人生がときめく片づけの魔法」(サンマーク出版)や、最近ですと「フランス人は10着しか服を持たない」(大和書房)などの実用書が人気ですね。

実用書には著者の職業や実体験などを背景に執筆されていますが、日常的な物事を扱う分、
読者側も書籍のテーマに対してある程度の知識をもっていると考えておきましょう。

その場合は、実用書の内容について読者が納得できるくらい、
著者自身に専門性や実績などが必要とされます。

ですから、実用書を出版する際は技能・知識・情報力などを切り口とした得意な分野を選択しましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。