コラム

小説の書き方講座/読者の心に刺さるタイトルとは**

小説のタイトルをつける時、どのように考えていますか。

いくつも書き出して検討してみる、ベストセラー小説のタイトルを参考にしてみる、ターゲットに刺さる表現を調べてみる・・・。いろいろな方法がありますが、何はともあれ、小説のタイトル作成にはこだわりを持ちましょう。

タイトルは、小説と読者が出合う入り口になります。

そのため、読者の興味を引くユニークなタイトルをつける必要があります。

真正面からではなく、「え?」と振り向かせる意外性や、
心の中を見透かしたような、ドキッとさせる言い回しなどが面白いです。

ほかにも、疑問形ですと「なぜ~?」、新事実を発見したとして「じつは~」、
否定形では「~はいらない」など、実用書で多く見られるタイプですね。
同じキーワードでも、様々な打ち出しが考えられます。

まずは思いついたものをひとことでまとめてみましょう。

加えて、これらを効果的に用いるには、小説のターゲットとなる読者が誰なのかを理解しておく必要があります。
誰が何を求めているのかを把握せずに、刺さる小説のタイトルを作ることはできません。
基本を忘れず、どんな表現の小説タイトルが読者の心を掴むのか、しっかりと検討しましょう。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。