コラム

エッセイの書き方講座/エッセイを書く前にまずはテーマを決めよう**

エッセイを執筆する際は、最初に「何について書くのか」
つまりは、テーマを決める必要があります。

エッセイのテーマは無数にあるため、何について書くのかを決めないと、いろいろなテーマのものを盛り込んでしまい、まとまりのない作品になってしまうためです。
このようなことがないよう、テーマを絞り込んでいく必要があるのです。

また、エッセイはストーリー性や情報の伝達が求められる作文とは異なり、著者の考えや思いが明確に書かれているか、かつ読者にどう影響を与えるのかが重要です。
それを理解する一例として、以下2種類のエッセイを読んでみてください。

・モンテーニュ『エセー』1580年
・清少納言『枕草子』平安時代

エセーは、人間の内面について深掘りし思索したもの。
清少納言は、日常生活で体験した事実をもとに、独特の鋭い観察眼で表現したものです。

どちらにしても、エッセイにはただ面白いだけではなく、知識や情報、教訓といった、読者にとって何かしら「役に立つ」「心に残る」ことが書かれていなければなりません。
そこまで踏み込んだエッセイを執筆するためには、自分自身が特に興味・関心があり、深い知識やすぐれた技量を発揮できるテーマを選ぶことが大切です。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。