コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/「手垢にまみれた」表現をしていませんか

コラム

小説の書き方講座/「手垢にまみれた」表現をしていませんか

小説のタイトルや帯文などに、「手垢にまみれた表現」を使っていませんか?

手垢にまみれた表現とは、多くの著者が小説に使用してきたことで「使い古されてしまった表現」のことです。
誰もがイメージできる分かりやすい表現であると同時に、新鮮さに欠けてしまうというリスクがあります。

編集者は小説の帯文などを作る際、必ずこれに気を付けています。

 

 

小説に書く言葉は、“4つの条件”を満たした新鮮味のあるものを使う

 

例えば、「感涙」という言葉があります。
これは、深く感じて流す涙。感激・感謝のあまり流す涙。
【出典:goo辞書(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/49996/m0u/)】
という意味ですが、感動小説などにうってつけの言葉です。

しかし、「感涙!○○な物語」「日本中の感涙を読んだ~」といった形で繰り返し使われてきた言葉でもあるため、すでに刊行されている小説の作風をイメージされてしまう可能性があります。

そのため、手垢にまみれた表現を避けインパクトのある言葉を選ぶには、

・分かりやすいこと
・想像をかきたてること
・イメージを限定させないこと
・その作品だけのオリジナリティを出すこと

以上を満たしていることが理想です。

執筆、文章の編集・校正、カバーデザイン、帯文の作成など、あなたの小説が完成するその時まで、表現をとことん追求してみて下さい。

 
一覧に戻る

その他のコラム

小説を書くときに知っておきたい「ヒーローズジャーニー理論」とは
「小説を書いてみたいけど、どういう構成にすればいいんだろう……」 「キャラクターや世界観はぼやっとぼんやりと想像…
憧れの“重版出来”! 書籍出版から重版になるまでの過程とは
  2016年4月から6月までTBS系で放送されたテレビドラマ「重版出来!」の影響から、“重版”という言…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【後編】
前編に引き続き、俳句集・短歌集の制作の流れをご紹介します。 2)制作の流れ(出版社での自費出版の場合) 続いて、…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【前編】
俳句・短歌は身近な文化  俳句・短歌は、私たち日本人にとって最もなじみのある日本文化です。 学生の頃には、誰も…
今、出版社の作文試験が面白い!就活生気分で作文を書いてみよう
出版社のエントリーシートや筆記試験、面接は、他の企業に比べて風変わりなものが多いといわれています。 特に筆記試験…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント