コラム

小説の書き方講座/「手垢にまみれた」表現をしていませんか**

小説のタイトルや帯文などに、「手垢にまみれた表現」を使っていませんか?

手垢にまみれた表現とは、多くの著者が小説に使用してきたことで「使い古されてしまった表現」のことです。
誰もがイメージできる分かりやすい表現であると同時に、新鮮さに欠けてしまうというリスクがあります。

編集者は小説の帯文などを作る際、必ずこれに気を付けています。

 

 

小説に書く言葉は、“4つの条件”を満たした新鮮味のあるものを使う

 

例えば、「感涙」という言葉があります。
これは、深く感じて流す涙。感激・感謝のあまり流す涙。
【出典:goo辞書(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/49996/m0u/)】
という意味ですが、感動小説などにうってつけの言葉です。

しかし、「感涙!○○な物語」「日本中の感涙を読んだ~」といった形で繰り返し使われてきた言葉でもあるため、すでに刊行されている小説の作風をイメージされてしまう可能性があります。

そのため、手垢にまみれた表現を避けインパクトのある言葉を選ぶには、

・分かりやすいこと
・想像をかきたてること
・イメージを限定させないこと
・その作品だけのオリジナリティを出すこと

以上を満たしていることが理想です。

執筆、文章の編集・校正、カバーデザイン、帯文の作成など、あなたの小説が完成するその時まで、表現をとことん追求してみて下さい。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。