コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/あなたの小説、セリフで物語を進めていませんか  

コラム

小説の書き方講座/あなたの小説、セリフで物語を進めていませんか

 

小説を書く際、地の文章を書くことは難しいと思われる方が多いかもしれません。ついつい、地の文章ではなく、セリフで物語を進めてしまうこともあります。

しかし地の文章は、心情、風景、登場人物の状態、説明など多岐にわたる役割があります。また、セリフにはない「物語を進める力」を持っています。セリフを補完することが役割ではなく、読者を物語に引き込むには、練られた(情報がスムーズに入る)地の文章が必要なのです。

また、セリフとのバランスにも注意しましょう。人は人の話をずっと聞いていることはできません。人の話を長時間聞いていると、結果的に何を言いたかったのか整理してほしくなることがあると思います。これは小説でも同様で、長短に関わらず、連続したセリフは読んでいて分かりにくくなる傾向があります。何ページにもわたってセリフが続くと、読者が小説の世界観を理解しないまま物語が進んでしまう怖れもあります。

書き終えた後の充実感は想像以上だと思いますが、少し時間をおいて、誰が読んでもわかりやすい内容になっているか、小説の内容を再度チェックしてみましょう。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

あなただけの編集者に出会う「書くナビ」とは
  「作家になりたい」「小説家になりたい」「出版してみたい」 ――本が好きな方であれば、一度はそう夢見…
小説を読みやすくするヒントは会話文ではなく“地の文“
  「小説を書いてみよう」――そう思い立ったとき、みなさんは何から考え始めますか? プロット、主人公の…
大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント