コラム

小説の書き方講座/あなたの小説、セリフで物語を進めていませんか**

小説を書く際、地の文章を書くことは難しいと思われる方が多いかもしれません。ついつい、地の文章ではなく、セリフで物語を進めてしまうこともあります。

しかし地の文章は、心情、風景、登場人物の状態、説明など多岐にわたる役割があります。また、セリフにはない「物語を進める力」を持っています。セリフを補完することが役割ではなく、読者を物語に引き込むには、練られた(情報がスムーズに入る)地の文章が必要なのです。

また、セリフとのバランスにも注意しましょう。人は人の話をずっと聞いていることはできません。人の話を長時間聞いていると、結果的に何を言いたかったのか整理してほしくなることがあると思います。これは小説でも同様で、長短に関わらず、連続したセリフは読んでいて分かりにくくなる傾向があります。何ページにもわたってセリフが続くと、読者が小説の世界観を理解しないまま物語が進んでしまう怖れもあります。

書き終えた後の充実感は想像以上だと思いますが、少し時間をおいて、誰が読んでもわかりやすい内容になっているか、小説の内容を再度チェックしてみましょう。

 

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。