コラム

小説の書き方講座/小説の基本は誰が読んでも「分かりやすい」こと

小説の基本は、すべてを「分かりやすい」ものにすることに尽きます。

キャラクター、ストーリー、文章表現、いずれも分かりやすくすることで、読者は小説の内容について納得し、スムーズに読み進められるからです。

あなたが小説を読んでいても、キャラクターが覚えられない、ストーリーの展開が早くてついていけない…といったことはないでしょうか。それは、小説の各要素について納得できていないからです。きちんと納得し落とし込むことができれば、小説の内容を覚えておくことができるはずです。

このような問題点を回避するには、書き進めていく過程で書き終えた箇所を読み返したり、書評をもらったりすることで防止できます。誰が読んでも分かりやすい作品になっているか、厳しい目で見る必要があります。

関連記事

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。