コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/小説の基本は誰が読んでも「分かりやすい」こと  

コラム

小説の書き方講座/小説の基本は誰が読んでも「分かりやすい」こと

 

小説の基本は、すべてを「分かりやすい」ものにすることに尽きます。

キャラクター、ストーリー、文章表現、いずれも分かりやすくすることで、読者は小説の内容について納得し、スムーズに読み進められるからです。

あなたが小説を読んでいても、キャラクターが覚えられない、ストーリーの展開が早くてついていけない…といったことはないでしょうか。それは、小説の各要素について納得できていないからです。きちんと納得し落とし込むことができれば、小説の内容を覚えておくことができるはずです。

このような問題点を回避するには、書き進めていく過程で書き終えた箇所を読み返したり、書評をもらったりすることで防止できます。誰が読んでも分かりやすい作品になっているか、厳しい目で見る必要があります。

 
一覧に戻る

その他のコラム

今さら聞けない!「てにをは」って何だろう?
文章を書く上でとても大事な「てにをは」。 何か「書く」ことをしている人なら一度は目にしたことのある言葉でしょう。…
文化的著作物を守る「著作権」とは?
文化的な著作物(文芸、学術、美術、音楽などのジャンルに入り、人間の思想、感情を創作的に表現したもの)には著作権が発生…
本屋さんのクリスマスイベントに出かけよう
もうすぐクリスマスがやってきます。皆さんはクリスマスをどう過ごしますか? 大切な人と、仲良しのお友達と、仲間たち…
文庫について考える
本好きな人が最も悩むことの一つに「文庫化」を待つか、最新の「単行本」で買うかという選択があるのではないでしょうか。文…
日本文学のジャンル―無頼派とは?―
日本の近代文学史には、「〇〇派」、「□□主義」と分類され様々な作家が出てきますよね。 その中で今回は「無頼派」と…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
受付時間(平日・土曜日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント