コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座 /小説を書く前に「誰に何を伝える物語なのか」を決めましょう  

コラム

小説の書き方講座 /小説を書く前に「誰に何を伝える物語なのか」を決めましょう

 

何の予備知識もない、まっさらな状態から初めて小説を書く方は、最初に何から書こうと思いますか?物語の舞台や登場するキャラクター、場面ごとの5W1H(※)を思い浮かべるかもしれませんが、それだけでは不十分です。

※5W1Hとは
「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素をまとめた、情報伝達のポイントのこと。

小説は作者であるあなたの心の中、あなた自身をさらけ出すことが重要です。さらけ出すことで小説に独自の世界観や個性が生まれ、他の小説とは違う魅力を放ちます。

たとえば、小説を通じて世の中への感謝の気持ちを伝えたいのか、人間関係の理不尽さに対する怒りを伝えたいのか。そして、小説を読んだ読者にそれをどう読み取ってほしいのか、どんな気持ちになってほしいのかを考えましょう。

「誰に何を伝えるか」。これが、小説の物語を考える上での第一歩となるのです。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

小説を書くときに知っておきたい「ヒーローズジャーニー理論」とは
「小説を書いてみたいけど、どういう構成にすればいいんだろう……」 「キャラクターや世界観はぼやっとぼんやりと想像…
憧れの“重版出来”! 書籍出版から重版になるまでの過程とは
  2016年4月から6月までTBS系で放送されたテレビドラマ「重版出来!」の影響から、“重版”という言…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【後編】
前編に引き続き、俳句集・短歌集の制作の流れをご紹介します。 2)制作の流れ(出版社での自費出版の場合) 続いて、…
あなたの俳句・短歌を一冊に。俳句集・短歌集の作り方【前編】
俳句・短歌は身近な文化  俳句・短歌は、私たち日本人にとって最もなじみのある日本文化です。 学生の頃には、誰も…
今、出版社の作文試験が面白い!就活生気分で作文を書いてみよう
出版社のエントリーシートや筆記試験、面接は、他の企業に比べて風変わりなものが多いといわれています。 特に筆記試験…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント