コラム

  • 2017/08/22 本の書き方を学ぼう

    シンプルに生きる―アーミッシュ文学から学ぶこと―

    皆さん、毎日忙しく過ごし、疲れてしまっていませんか。 現代人はスマホ、パソコンなどの電子機器を常に駆使し、生活スピードはとても速く、利便性、生産性アップを追求しています。 こんな生活にもうついて

  • 2017/08/09 本の書き方を学ぼう

    魅力あるキャッチコピーは女性誌から学ぼう!

    私たちは毎日、あらゆるところで「キャッチコピー」を目にします。 多くの商品にはキャッチコピーがつけられており、商品価値を上げるものとして大切な役割を果たしています。 書籍においても、カバーや帯に

  • 2017/08/04 自費出版を知る

    作品の魅力を最大限に引き出す「作家×編集者」の関係

    作家と編集者の関係を描いたドラマ、『重版出来!』が2016年に放送され、話題になりました。 本ドラマは“作品は漫画家だけの力では売れない現実”をリアルに描きだし、編集者と作家の関係性を世に知らしめま

  • 2017/08/03 本の書き方を学ぼう

    ツイッターも本になる!?「アイデアメモ」としてのツイッター

      今日、国内で4000万人のユーザー数を誇るツイッター。 数年前に比べ、幅広い年齢層の方が利用しています。 (出典:https://gaiax-socialmedialab.j

  • 2017/07/25 本の書き方を学ぼう

    雨の日でも存分に楽しめる大人の秘密基地「代官山蔦屋書店」に行こう!

    今年も梅雨の時期がやってきました。 平年では7月末までが梅雨の時期。 雨の日は、せっかくの休日でも遊べるところが限られてしまいます。 そんな方にお勧めなのが、蔦屋書店! 今回は数ある蔦屋

  • 2017/07/25 本の書き方を学ぼう

    小説の書きかけ原稿をレベルアップさせるために覚えておきたい3つのポイント

    作家になりたい、小説を出版したい――そう考えた際に誰もが感じるのが、執筆の難しさでしょう。 読みやすい文章であると同時に、おもしろい作品でなければならない。 このどちらかが欠けてしまうと、それ

  • 2017/07/25 本の書き方を学ぼう

    ノーベル文学賞受賞!ボブ・ディランの歌詞の文学的価値に迫る

    言わずと知れた“フォークの神様”ボブ・ディラン氏は、2016年に歌手として史上初のノーベル文学賞を受賞しました。 ノーベル文学賞は小説家や、詩人、戯曲作家に主に送られる賞ですが、今回歌手であるディ

  • 2017/07/21 本の書き方を学ぼう

    SF作家注目の文学賞「星新一賞」とは

    文学賞では、芥川賞、直木賞、松本清張賞など有名な作家の名前を冠した賞が多くあります。 今回はその中でも、短編SF作品を主題とした「星新一賞」を取り上げます。     &n

  • 2017/07/12 著者コラム

    戦争の記憶

    (『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)    私には子供の頃の戦争の記憶がいくつかある。今このことを振り返ると、年齢的にそのように感じた自分に驚

  • 2017/07/12 著者コラム

    購入申し込みの喜び

    (『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)    5月初旬、『公立共済・友の会だより』が届いた。この小冊子には友の会会員の「自費出版ガイド」のページがある。そ

幻冬舎ルネッサンス新社では、本を作る楽しみを自費出版という形でお手伝いしております。
原稿応募、出版の相談、お問い合わせ、資料請求まで、お気軽にご連絡ください。

  • ポイント1

    お問い合わせいただきましたら、担当の編集者がご対応いたします。

  • ポイント2

    原稿内容やご要望に沿ったご提案やお見積もりをご提示いたします。

  • ポイント3

    幻冬舎グループ特約店(150法人4,000書店)を中心とした全国書店への流通展開を行います。

テキストのコピーはできません。