コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称

コラム

のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称

 

こちら、ある日の編集部の会話。

 

A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いますか?」
B「うーん。のどが少し狭い気がするね。これ扉はどうなってるの?」
A「のどは広くします。本扉はシンプルに、別丁扉はこのイラストを使う予定です」
B「素敵なイラストだね。見返しをこの色にしたら似合いそう」
A「ありがとうございます!」

 

いかがでしたでしょうか?

編集部では、日々このような会話が繰り広げられています。
皆様どんな会話か理解できましたでしょうか。

 

普段何気なく手にしている書籍。
実はさまざまな名称があるのです。

会話で使われていた名称を解説します。

のど…本を綴じている、一番奥の部分のことを言います。
実は、ここが詰まりすぎていると、内側の部分が読みづらくなるのです。
通常、この部分は本のレイアウトを考える「ブックデザイナー」が設定するのですが、編集者もチェックする必要があるのですね。

見返し(みかえし)…表紙と本の中身を接着するために用いられる紙で、表紙や本文を印刷する紙とは異なるものが選ばれるのが一般的です。
見返しには通常何も印刷しませんが、本によっては図版を印刷することもあります。
見返しの色を何色にするかで、本を開いたときの印象が変わるので、ブックデザイナーや編集者はここにも気をつかうのです。
ぜひお手持ちの本の見返しを見てみてくださいね。

別丁扉(べっちょうとびら)…本の「中身」の最初のページで、書名と著者名、出版社名などを印刷する場合がほとんど。
本文を印刷する紙とは異なる紙を用いたり、カバーのデザインに則したデザインが施されたりしています。

本扉(ほんとびら)…別丁扉の次にあるページで、タイトルが書かれることが多いです。
本によっては、別丁扉がなく、本扉のみのものもあります。

 

いかがでしたか?
本の名称が分かると、これまでと違った楽しみ方ができます。
ぜひ覚えてみてくださいね♪

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント