コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 絵本を出版するために知っておきたいこと(ページ数編)

コラム

絵本を出版するために知っておきたいこと(ページ数編)

 

「自分で絵本を作りたい!でもどうしたらいいのかわからない…」
――そんな悩みを抱えている方へ、今回は絵本を構成する要素のひとつ「ページ数」についてご紹介します。

 

 

書籍のページ数はどう決まる?

 

書籍のページ数はどのように決まるのでしょうか。

 本が作られる際、基本的には何枚か重ねた紙を折り曲げたものを1セットとし、これを「折(おり)」といいます。
1折=16ページが通常であり、何折も重ねていくことで1冊の書籍が完成します。

本を上から見ると、実際に折り曲げられた紙の束が重なっているのを見ることができます。

 

ページ数によって「対象年齢」が異なる

 

書店で見かける絵本の多くは、1折か2折、つまり16ページないしは32ページとなっているかと思います。
このページ数、対象年齢を何歳にするかをもとに考えるという方法もあります。

  • 16ページ

16ページだと、単純に紙の枚数が少ない分、軽くなります。
さらに、長時間集中する必要がないため、どちらかというと「イラストを楽しむ」ということに焦点があてられているのが特徴です。

そのため、まだあまり文字を読めず、1つのことに集中し続けるのが難しい幼稚園入園前(~3歳くらい)までの子どもを対象とするのに向いています。

  • 32ページ

32ページとなると、多少長めの文章や物語性を加えることができます。
自分で文章を読むこともできるようになり、ストーリー展開を理解しながら読み進められるため、幼稚園入園後(5歳くらい~)の子どもを対象としたものが多く見られるようになります。

絵本を通して、喜怒哀楽を感じたり、起承転結に則った物語の楽しさを学んだりすることができるという点でも、32ページは幼稚園児程度の年齢に適しているのです。

 

絵本の中でも普段あまり意識されることのない「ページ数」。
次に書店で絵本を見つけたときにはこれまでと違った視点を意識して考えてみてはいかがでしょうか。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント