コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 誰にでも簡単に書ける?! 日記文学のススメ

コラム

誰にでも簡単に書ける?! 日記文学のススメ

 

新年となりました。
2017年、新しいことを始めてみませんか?

本日は誰にでもすぐに始められる、「日記文学」を紹介いたします!

 

 

日記を文学にしてみよう

 

皆さん、日記はつけていますか?

日々の出来事を忘れないため、思い出を残しておくために、「自分のために」日記をかいている人も多いのではないでしょうか。
もちろんそれが「日記」本来の姿ですので、それで十分なのですが、実は日々の出来事も「読者」を想定してかくと「文学」となるのです。

具体的な方法を、例文を用いながら見てみましょう。

 

方法①第三者視点で書いてみる

 

日記は本来一人称で書くものですが、「三人称」でかいてみると、一気に「文学」に近づきます。

例えば、
「今日は最近生まれたパンダを見るために、動物園に行った」
という日記があったとしてみます。これを三人称で書いてみると次のようになります。

「あすかは、その日動物園へ行った。彼女が動物園に行ったのにはある理由があった」

いかがですか?
物語要素が強くなり、「なぜ動物園に行ったのか」その続きが読みたくなりませんか?

 

方法②独白調で書いてみる

 

淡々と出来事をかくのではなく、感情的に書いてみるのも一つの手です。

例えば、
「今日は動物園に行った」と書くのではなく、
「ああ、あの愛らしい姿!はじめてあの子の姿を見たとき、私のなかで何かが変わった」
というように自分の思いを書いていくと、なんだか楽しくなってきませんか?

 

おすすめ日記文学

 

そうは言ってもすぐに始めるのは難しい――そう感じる方は、まずは日記文学を読んでみるというのも一つの手です。

日記文学は沢山ありますが、『アンネの日記』(アンネ・フランク)、『アルジャーノンに花束を』(ダニエル・キイス著)などは名作といわれていますね。
お時間のあるときにぜひ読み、参考に日記を書いてみてください!

そして、皆様もぜひ今年の日記でチャレンジしてみてください♪

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント