コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 絵本を出版するために知っておきたいこと(イラスト編)

コラム

絵本を出版するために知っておきたいこと(イラスト編)

 

「絵本を出版してみたい!でもどうしたらいいのかわからない…」
――そんな悩みを抱えている方へ、絵本を出版するうえで欠かせない「イラスト」についてご紹介します。

 

 

絵本におけるイラストの役割

 

読者である子ども、特にまだあまり文字を読むことのできない年齢の子どもを対象としている場合、イラストは“文字の代わりに物語を表現する”という非常に重要な役割を担っています。

読み書きのできる年齢であっても、文字よりも先に目に飛び込んでくるものですので、イラスト一つで読者に与える印象はまったく異なります。

大人向けの小説ですらイメージの形成に挿絵が影響してくるのですから、絵本におけるイラストの影響はより一層大きいものとなるのです。

 

イラストを準備するときに注意したいポイント

 

イラストについては「自分で描く」「別の人に描いてもらう」の2パターンがあります。
イラストレーターを起用することも可能ですが、そうではなく自分で描く、もしくは家族・友人に描いてもらう場合にはどのようにすればいいのでしょうか。

普段絵を描くのと同様に、紙に描いたものをスキャンして……という方法もありますが、これには、以下のようなデメリットがあります。

・色にムラができてしまう
・描き直しで消した線がうっすら残ってしまう
・紙の状態によっては陰影ができてしまう
・元のイラストが小さく、引き伸ばしたら荒くなってしまう

そこでおすすめなのが「パソコンで描く」方法です。
Illustratorなどのソフトを使ってパソコン上でイラストを作成することで、上記の問題が解消されます。

もちろん、「手書きで温かみを出したい」と考えているのであれば、上記の点に注意して制作することも可能です。

他にもイラストのタッチ(画材、雰囲気)によって、読者に与える印象は変わります。
どの年代に、どういった内容を、どのように伝えたいかを意識しながらイラストを考えるのが絵本作りの第一歩なのです。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント