コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 作家デビューへの道 その④ 出版社に原稿を持ち込む

コラム

作家デビューへの道 その④ 出版社に原稿を持ち込む

 

これまでのコラムで、小説家デビューの道として「新人賞の受賞」「同人誌活動」「小説投稿サイトへの投稿」についてご紹介しました。

今日は4つ目の手段として、「出版社への持ち込み」についてご紹介します。

 

 

出版社への持ち込みは”茨の道”

 

結論から言うと、出版社への持ち込みの現状は大変厳しいです。

そもそも持ち込みを受け付けていない出版社が圧倒的に多く、電話で問い合わせをすると受付の段階で断られるケースがほとんどだと聞きます。
郵送やメールなどで原稿を送っても、お断りの文書やメールが届けばまだいいほうで、返事がもらえないケースもあります。

小説は、漫画の原稿などと違って読むのに時間がかかります。
膨大に届く持ち込み原稿を一つ一つ精査する時間的余裕がないため、持ち込みを一切受け付けず、代わりに新人賞への応募を促す出版社が多いようです。

 

持ち込みから次のステップにつなげるために

 

このように非常に厳しい状況の持ち込みではありますが、持ち込み原稿を受け付けている出版社を根気強く探したり、持ち込みの際に小説の概要や執筆の意図、自己紹介をつけるなど原稿を読んでもらうための工夫をしたりするなど、いくつか方法は考えられます。

知り合いのつてをたどって編集者と繋がりを持ち、原稿を読んでもらうのもいいでしょう。

特殊なケースではありますが、持ち込み原稿から小説家デビューをした京極夏彦のような例もあるので、諦めずに機会を狙う粘り強さも必要かもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

次回は、作家デビューの5つ目の方法として、「自費出版」についてご紹介する予定です。
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント