コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > みんな知ってた? 図書カードが生まれ変わりました!

コラム

みんな知ってた? 図書カードが生まれ変わりました!

 ギフトの定番、図書カード。

いろんな絵柄があって華やかでかわいらしく、実用的で、誰が誰にプレゼントしても違和感がありません。
図書カードの前に使われていた「図書券」も含め、皆さん、一度は使ったことがあるのではないでしょうか。

実は、その図書カードが2016年6月にリニューアルされました。
皆さんご存じだったでしょうか?

本コラムでは、生まれ変わった図書カードの秘密をご紹介します。

 

その名も“図書カードNEXT”

 

新しい名称は“図書カードNEXT”。
進化したことが感じられる名称になりました。
もちろん、変わったのは名称だけではありません。

図書カードNEXTのポイントは、大きくわけて次の3つです。

 

①コレクションしたいNEWデザイン

 

図書カードNEXTはデザインが一新しました。

新しいデザインは全部で10種類。
ピーターラビットのデザインが4種類、日本画家・東山魁夷のデザインが4種類、富士山のデザインが2種類です。

サイズはこれまでのものと変わりませんが、QRコードを使ったカードになり、磁気カードから紙のカードへと変身しました。
使用方法は従来と同様です。

 

残額や利用履歴がオンラインで確認可能に

 

図書カードといえば、使うと上部にパンチ穴が開き、そこから残高が確認できるというものでしたよね。
細かく金額が記されているわけではなかったので、パンチ穴が0に近づくたびに「足りるかな……」とどきどきしながら利用した方も少なくないはず。

生まれ変わった図書カードではもうその心配はありません。
図書カードNEXTでは、パソコンやスマートフォンから手軽に残額をチェックできるようになりました。
利用日時と金額、さらには書店名までもを確認できるため、読書記録としても楽しく使えそうですね。

 

使用有効期限が10年に

 

従来の図書カードには期限がありませんでしたが、図書カードNEXTには10年間の有効期限が設けられています。
読書家の皆様にはなんの問題もないですね!

 

意外と知らない?オリジナル図書カードとは

 

意外と知られていないのですが、図書カードはオリジナルデザインも作ることができます。
自分だけのオリジナルデザインを作って楽しむのもよし。
大切な人への贈り物としてもよし。

オリジナルデザインをコレクションしても楽しいですね。

 

情報収集におすすめの図書カード公式サイト

 

図書カードの公式サイトを訪れたことはありますか?
読書にまつわるクイズ(賞品は図書カード!)や、現役の書店員がおすすめ本を紹介するコーナー、作家への直撃インタビューなど、読書好きにはたまらないコンテンツがもりだくさんなのです。
特にユニークなのは、「図書カード使い放題?!」コーナー。

作家に3万円分の図書カードを渡し、書店で好きな本を選んでもらうコーナーです。
作家が身近に感じられる、楽しいコーナーです。
ぜひ、チェックしてみてくださいね。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント