コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > アイデアは突然に! 作家必携アイテム3選

コラム

アイデアは突然に! 作家必携アイテム3選

原稿というものは、「さあ、書こう!」と机に座ってすぐに書き進められるわけではありませんよね。
むしろ、何気ない日常生活のなかでアイデアが生まれるものです。

アイデアが生まれたとき、「あとで書こう」と思っていても、いざ原稿にしようとすると「思い出せない……」
――そんな悲しい経験はありませんか?

今回は、そんなあなたに「アイデアを忘れないための」お勧めアイテムをご紹介いたします!

 

まずは王道! ノートとペン

 

まず王道ですが、やはり常に「ノート」と「ペン」を持ち歩くことはとても大切です。
作家の伊坂幸太郎さんも常にノートを持ち歩いているとか!

持ち歩くノートは好みに合わせたものでよいのですが、以下のタイプがお勧めです。

  1. ・無地

  2. ・綴じノート

  3. ・持ち歩きしやすいサイズ

 

無地タイプのノートは、罫線にとらわれることなく、文字の大きさや間隔を自由に表現でき、絵や図を描く際にも邪魔になりません。

綴じノート(ノートには、リングノート、ルーズリーフなどの種類があります)は見開きで使え、持ち歩くときにかさばらないというメリットがあります。

またせっかくノートを用意しても、「かばんが小さいから」「荷物が重いから」と家に置いてきては意味がありません。
持ち歩きしやすいサイズを選びましょう。

筆記用具にこだわり、万年筆を使ってみるのも楽しいですね。

 

芥川賞作家も愛用! デジタルメモ

 

デジタルメモ(デジタルペーパー、電子ノート)とは、ネット機能がなく執筆機能だけを特化させたデジタルグッズです。
ノートパソコンのように起動に時間がかからず、電源を入れたらすぐに原稿を書き進めることができます。

書いた内容をデジタルデータとして保存したり、編集したりすることができることが最大のメリットといえるデジタルメモ。
なんと、芥川賞作家の羽田圭介さんも愛用されているとか!

小型で軽量なので、持ち運びにも便利!
――“いいことずくめ”ですね。

この一年の自分へのご褒美にいかがでしょうか?

 

無料で手軽に! スマホ用メモアプリ

 

「デジタルメモ欲しいな……でもお金が……」

――そんなあなたに吉報です。

今持っているスマートフォンでも、Writer、Evernote、Simplenote、Jota+ Proなど手軽にメモできる便利なアプリがあるのです。
パソコンと連動できるアプリもあるので、自分に合ったものを探してみてくださいね。

 

いかがでしたでしょうか?

アイデアは突然浮かぶものです。
思い立ったらすぐにメモできる環境をつくることが、良作を生む第一歩といえるかもしれません。

ぜひ自分に合った道具を見つけてみてくださいね♪

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント