コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > ターゲットを絞ることが読者層拡大のカギ!? ハリー・ポッターにみるヒットの法則

コラム

ターゲットを絞ることが読者層拡大のカギ!?
ハリー・ポッターにみるヒットの法則

先日、ハリーポッター・シリーズの19年後を描いた新刊『ハリー・ポッターと呪いの子』が日本でも発売され、初版80万部と話題になりました。

70カ国以上で67の言語に翻訳され、世界的大ブームを巻き起こしたハリー・ポッターシリーズ。
今回はそのヒットの理由をご紹介します。

 

ハリー・ポッターシリーズとは?

 

1997年イギリスで刊行された『ハリー・ポッターと賢者の石』に始まり、2007年『ハリー・ポッターと死の秘宝』で完結した、全7巻のファンタジー小説です。
主人公ハリー・ポッターの成長と、闇の帝王との戦いが魔法界を舞台に描かれています。

7作すべてが映画化されており、原作ファン、映画ファンが存在するのみならず、テーマパークができたことにより、書籍のブーム当時を知らない新たなファン層までを巻き込んで20年近くブームの波を起こし続けているのです。

 

ハリー・ポッターシリーズの著者ってどんな人?

 

著書であるJ.K.ローリングは、ハリー・ポッターを執筆中、生活保護と住宅手当を受けており、プロ作家とは程遠い生活を送っていました。
大ベストセラー作家も、何気なく書き始めた原稿から始まったのです。
夢のある話ですよね。

 

”ターゲットを絞ったこと”がヒットの理由

 

実はこのハリー・ポッターシリーズ、ジャンルとしては児童書に分類されるため、対象年齢は小学生です。
子供向けに書かれたファンタジー小説がなぜ、いまや世界中の大人を巻き込むほどのブームを巻き起こしているのでしょうか。

それは、書籍をつくる際に大事なことの1つである「ターゲット層を明確に設定する」ことができているからです。
ターゲットが明確に設定されていることで「これは自分のために書かれた本だ」と思ってもらいやすくなるため、読者に手に取ってもらいやすくなります。

 

一方で、幅広い人をターゲットにしていると「自分にはあまり関係のなさそうな本だ」と思われてしまうのです。
内容の伴った書籍であれば、設定した読者層にきちんと届けることで、そこから周囲の人々へ……というように波及していきます。

 

この「ターゲットを絞る」という方法、原稿をレベルアップさせるうえで非常に役に立ちます。
皆さんも原稿を書かれる際には明確に読者をイメージし、より”読ませる原稿”へとレベルアップさせてみてはいかがでしょうか。

 
一覧に戻る

その他のコラム

写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…
「自費出版のトラブルを防止するため、チェックするポイントを知りたい」/出版のお悩み相談
  今回の「出版のお悩み相談」は、自費出版を契約し、スタートする際のチェックポイントについてのご相談です…
いま絵本が熱い!出版不況のなかでベストセラーになる絵本たち
  昨今、出版不況と叫ばれるようになり、話題となる本とそうでない本の違いが顕著となってきました。 そんな…
福島の復興は今
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)   東日本大震災が起…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント