コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 大人も楽しめる! 都内の絵本専門店3選

コラム

大人も楽しめる! 都内の絵本専門店3選

絵本と言えば、一昔前は小さな子どもが楽しむ読み物、というイメージでした。

しかし最近では、子どもだけでなく大人たちの間でも秘かにブームになっています。
雑誌やテレビで大人向け絵本特集が組まれるなど、子どもはもちろんのこと、幅広い年齢層から支持されているのです。

今日は、都内にある絵本の専門店を紹介します。
休日や、近くで用事があるときに、ぜひ立ち寄ってみてください。

 

クレヨンハウス東京店(表参道)

 

約5万冊の絵本を保有する絵本の専門店で、30年以上の歴史を持っています。
スタッフの絵本へかける思いが強く、勉強熱心で、読んだ本の感想を述べ合う新刊会議が毎月行われています。
お店には机や椅子が置いてあり、腰かけてゆっくり読書する環境も整っています。

さらに書店の枠を超え、大人から子どもまで家族で楽しめる空間になっており、1階は絵本のフロア、2階は世界中から集められたおもちゃの専門店、3階は女性に嬉しいオーガニックコスメやマタニティグッズが置かれ、地下1階にはオーガニックの食材を使ったレストランが併設されています。

 

Book&Cafe Ehon House 絵本の家(目白)

 

海外の名作絵本の輸入に特化した専門店です。
英米はもちろんのこと、フランス、イタリア、北欧、韓国、イランなど約30か国以上から仕入れた4000タイトル超えの洋書絵本を取り扱い、輸入雑貨のほか絵本のキャラクターのオリジナルグッズも置かれています。

 

ブックハウス神保町(神保町)

 

書店や出版社の連なる神保町で唯一の児童書専門店です。
高い天井と、広い読書スペース、暖かい太陽をイメージした赤いソファなど、居心地のよさにこだわった店内が特徴的です。
おはなし会やワークショップなど、楽しいイベントも随時開催されています。
神保町を訪れる機会があれば、他の書店と一緒にこちらにもぜひ足を運んでみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?それぞれのお店に独自のカラーと、読者を楽しませる工夫が施されているので、あなたのお気に入りの一軒を見つけてみてください。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント