コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 本作りのヒントにも!?「ブレーンストーミング」とは

コラム

本作りのヒントにも!?「ブレーンストーミング」とは

 「ブレーンストーミング(Brainstorming)とは、集団で議論し合う方法の一つです。

ある問題やテーマについて、参加者が自由に意見を述べることで、多彩なアイデアを得ることを目的として行われます。

ブレーンストーミングには、以下の4つのルールがあります。
① 他者の意見を批判しない
② 自由奔放に意見を言い合う
③ 質より量。とにかく意見をたくさん出す
④ 他の人の意見がいいと思ったら便乗する

このルールのおかげで、批判を恐れて意見が言えなくなるということはありません。

また、他の人の意見に便乗してもいいため、一つの意見がどんどんブラッシュアップされていき、素晴らしいアイデアが生まれることも多いのです。

 

ブレーンストーミングの方法

 

ブレーンストーミングには、実はいろいろな方法があります。
あるテーマに対して、はじめに参加メンバーで発表し合うという方法もあれば、まずはそれぞれ一定の時間考え、それを発表し合うという方法もあります。

さまざまな方法があるなかで、特におすすめしたいのが「紙」を使う方法です。
この方法は、「紙」さえあれば誰にでも簡単に行うことができます。

順序は以下の通りです。

① まず大きめの紙を用意し、参加メンバーで囲むように座ります。
そして、紙の真ん中に大きくテーマとなる一つの言葉を書きこみ、丸で囲みます。

② 参加者一人ずつ、その言葉で思いついたことを紙に書いていきます。
思いついた言葉は丸で囲み、メインテーマの丸と線で繋いでいきます。

③ そして、紙に書いてあるどの言葉でもいいので、その言葉から思いついたことを書き込み、線で繋いでいきます。

これを何度か繰り返すと、ある一つの言葉から多くの言葉が生まれ、思いもよらないアイデアが生まれます!

 

原稿執筆が行き詰まったとき、打破する方法は?

 

執筆をしていると、アイデアが思い浮かばず悩むことも多いのではないでしょうか?
そんなときは、ぜひ「ブレーンストーミング」を行ってみてください。
理想は5人以上で行うことですが、1人でもかまいません。
頭の中で考えていてもアイデアが出てこないときは、ぜひ自由に紙に書き込んでみてください。
新たなアイデアが思い浮かぶかもしれません。

ぜひお試しください♪

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント