コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 「本を楽しむ」イベント3選

コラム

「本を楽しむ」イベント3選

本のイベントには、サイン会、トークイベントなど、さまざまなものがあります。

今回は、一般の方も参加型で楽しめる珍しいイベントをご紹介します。

 

①B&B自由講座「文学の教室」

 

2014年7月に閉店した下北沢の書店「フィクショネス」。

店主である作家・藤谷治さんが開催していた自由講座「文学の教室」が同じく下北沢の書店B&Bで復活しました。

毎回、特定の小説ひとつを課題図書として、藤谷さんの解説と参加者とのディベートで構成されるこの講座は、作品の歴史的背景や著者略歴といった、誰でも調べられる学問的内容ではなく、「文学から何を学べるか」を考えていく講座です。

それ以外にも、新刊刊行イベントが続々開催されています。

よしもとばななさんのイベントなども開催予定のようです。

 詳細はこちらから

 

 

②未来屋書店「ウォーリーをさがせ!」

キッズ向けの本のイベントもあります。

全国の未来屋書店・アシーネでは、絵本「ウォーリーをさがせ!」にからめて、絵本から飛び出して店内に隠れているウォーリーを探す、というコンセプトでイベントが開催されました。

開催期間は9月17日(土)~10月10日(月)。

 

他にも、お仕事体験、お話し会など、お子さんが夢中になること間違いなしのイベントが目白押し。

一緒にチャレンジしてみてください!

 

詳細はこちらから

 

 

③蔦屋書店梅田店「これからはじめるデジタル一眼カメラ写真と撮影の新しい教科書」発売記念

~ストーリーのある写真講座~

 

関西では、蔦屋書店梅田店にて、やまぐち千予さんの新刊『これからはじめるデジタル一眼カメラ写真と撮影の新しい教科書』の発売記念として、“ストーリーのある写真講座”と題してセミナーを開催予定です。

 こちらの講座では本の内容を、写真家で関西を中心に写真講師として活躍中の、著者のやまぐちさん自ら講義。

本をお持ちでない方も、お持ちの方も受講することができるのが魅力です。

 

詳細はこちらから

 

以上、いかがでしたでしょうか。

このほかにも、書店ではさまざまなイベントがあります。

書店のイベントが自由に探せる情報サイト「本屋で.com」で、イベントの詳細を見ることができます。

 

気になるイベントがあれば、是非足を運んでみてください。

本の新しい楽しみ方が見つかるかもしれません。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント