コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 占いブーム×本の歴史

コラム

占いブーム×本の歴史

 

突然ですが、みなさんは占いを信じていますか?
おそらく多くの人が「信じていない」と答えるでしょう。

それでは、みなさんは占いを見た/気にしたことがありますか?
おそらく多くの人が「ある」と答えるでしょう。

信じていないのに見てしまう、このように不思議な存在ともいえる「占い」、実は書籍と深ーい関係にあるのです。

今回は、その関係の歴史をたどりながら、1980年前後にブームを巻き起こした書籍の特徴を見ていくことにしましょう。

 

占い本の登場

 

「占い本」が初めて出版市場に出回ったのは1961年のこと。『易入門 自分で自分の運命を開く法』は、翌年のNo.1ベストセラーとなりました。ほかにも手相術や西洋占星術に関する書籍が多数刊行され、デパートが一斉に占いイベントを開催する「占いブーム」をもたらしました。

 

占い本全盛期

 

1979年、『算命占星学入門』『天中殺入門』が350万部以上の売れ行きとなり、占い本ブームが到来します。テレビ番組で取り上げられたことからも、「天中殺」という言葉は「ものごとの都合が悪い時期の代名詞」としてその年の流行語に選ばれ、出版界に占い本が多く登場するきっかけとなりました。この天中殺関係の本が売れた理由には、一瞥した程度では理解のできない困難さと誕生日をもとに組み合わせなければならないという適度な複雑さがあるのだそうです。

同時期には『タロット占いの秘密』が100万部近いベストセラーとなり、渋谷PARCOでタロット店が開催されるなど、一大タロットブームと呼ばれる現象もみられました。おそらく、このコラムを読まれている方の中にも、記憶に新しい方がいるのではないでしょうか。こちらも同様に、78枚のカードが持つ意味やそれらの組み合わせが示すものなど、一度見ただけでは覚えきれないほどの情報が載っているのが特徴です。

 

占い本の工夫

 

当時の占いブームは書籍によって話題となり引き起こされています。そしてその特徴には、

・一目見ただけでは理解し頭に入れることができない=何度も繰り返し読む必要がある

・自分で組み合わせるといった手順を要する=じっくり手元に置いて読む必要がある

といったことが挙げられます。
つまり、「読み込む必要性」を感じさせることが大事なのです。「情報を発信し、社会に新たな流れを作る」書籍はそのような力を秘めています。

自分の書いた1冊の本が話題を生みだす。そんなことも夢ではないのかもしれません。

出典:出版指標年報 1980年版

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント