コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 漢字とひらがな、どっちを選ぶべき!?当て字表記に気をつけよう/小説の書き方講座  

コラム

漢字とひらがな、どっちを選ぶべき!?当て字表記に気をつけよう/小説の書き方講座

 

原稿を書いていて、漢字で書くべきか、平仮名で書くべきか迷ってしまうことはありませんか。
その際、きちんと調べずに“世間でよく使われている方”を選んでしまうと、おかしな言葉遣いの原稿ができあがってしまいます。

そこで今回は、使うべきなのか、やめるべきなのか・・・ついつい迷ってしまう言葉をピックアップしました。自分で書いた原稿にも同じ言葉が使われていないか、チェックしてみましょう。

 

ひらがなで表記したい言葉

 

一般的には読めない漢字を子どもの名前に使う“キラキラネーム”が流行り出して久しいですが、近年、日本にはたくさんの“当て字”が生まれています。それに伴い、長年誤って使われてきた当て字言葉も、現代では常用漢字のような扱いを受けています。

しかし、いくら現代に馴染んでいるとはいっても、原稿上は使用すべきでない言葉も多く含まれています。つい使ってしまうけれど、本当は当て字である言葉には、どんなものがあるのでしょうか。

 

まずはこちら。よく見かける当て字です。
<例>
出来る=できる
沢山=たくさん
兎に角=とにかく
素敵=すてき
無理矢理=むりやり
無駄=むだ
何時=いつ
好い加減=いいかげん
誤魔化す=ごまかす

いかがでしょうか?漢字で書いていませんか。

 

特に副詞・副助詞は、誤った漢字表記の宝庫です。念入りにチェックしましょう。
<例>
何故=なぜ
予め=あらかじめ
何れ=いずれ
未だ=いまだ
概ね=おおむね
直ぐに=すぐに
遂に=ついに
殆ど=ほとんど
先ず=まず
未だ=まだ
等=など
迄=まで

 

接続詞も漢字で書いていませんか。
<例>
或いは=あるいは
尚=なお
拠って=よって

 

人や物を指したり、方向を示す言葉にも注意が必要です。
<例>
貴方=あなた
此方=こちら
其方=そちら
其れ=それ
何れ=どれ

 

名詞にも、ひらがなで書くべき言葉があります。
<例>
咽喉=のど
硝子=がらす
胡坐=あぐら
煙草=たばこ

 

以上、書き出すときりがありませんので、原稿を書いていて気になったところから直していきましょう

 

ひらがな・漢字、どちらも正解の言葉

 

ひらがな・漢字、どちらも間違いではないけれど、使用するタイミングを計らなければいけない言葉、前後の文脈や伝える相手、目的などによって変化する言葉もあります。

<例>
有難う=ありがとう
下さい=ください

 

以下の補助動詞も使い方に注意が必要です。
<例>
事=こと
所=ところ
物=もの
見る=みる
行く=いく
通り=とおり

 

また、モラルの問題から漢字の使用を控えるべき言葉もあります。
<例>
障害=障がい
子供=子ども

 

以上、いかがでしたでしょうか。
思い当たる節がある人は、原稿を見直してみましょう。
特に副詞・副助詞・補助動詞の誤った漢字表記がよく見受けられます。これらの正しい使い方を先に覚えておくだけでも、原稿修正の負担が軽くなるのではないでしょうか。

プロに無料で文章の書き方を学べるセミナーを、随時開催しております。詳しくはこちら。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント