コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 世界一美しい本のはなし  

コラム

世界一美しい本のはなし

 

本の完成度を高めるためには本の内容も大事ですが、
本のデザインである装丁も非常に重要です。

装丁は判型や質感、配色、フォントやレイアウトなど
様々な要素を組み合わせ、読者にとって魅力的な作品に
なるよう完成度を高めていく工程になります。

今回は美しい装丁で歴史的に有名なある本をご紹介する
なかで、装丁の持つ価値、本を作る意義について
考えていきたいと思います。

 

アイルランドの国宝 『ケルズの書』

 

みなさんは、"世界で最も美しい本"と呼ばれる本があることをご存知でしょうか。

その本は"The Book of Kells"「ケルズの書」と呼ばれています。

 

ケルズの書
ケルズの書 書影(引用:Wikipedia)

 

ケルズの書はキリスト教聖書の手写本(手書きで複製された本)です。

「ダロウの書」、「リンディスファーンの福音書」といったキリスト教の福音書とともに三大ケルト装飾写本のひとつとされ、アイルランドの国宝となっています。
8世紀頃、アイルランドの有名な修道士コルンバの偉業を讃えるために、スコットランドのアイオナという修道院で制作が着手され、アイルランドのケルズ修道院で完成されたため、その名がついたと言われています。

ケルズの書は、アイルランドの首都ダブリンにあるダブリン大学のトリニティ・カレッジ図書館に安置されており、この本を一目見ようと国内外問わず多くの旅行者がこの図書館を訪れます。

 

トリニティ・カレッジ
多くの蔵書や芸術作品を抱えるトリニティ・カレッジ図書館

 

世界一美しいと呼ばれる理由

 

訪れる人々を惹きつけるのは、その繊細で色鮮やかな図像や装飾文字です。

十字架、菱形、三点文様などの抽象的な図形や、4人の福音書記者を表した人物画やキリスト教に深く関わる動物などの装飾絵が盛り込まれています。
キリスト教のシンボルである十字架をはじめとし、三点文様は三位一体を、菱形はキリストや宇宙、神の言葉を表しています。テキストのページにおいても同じく様々な図柄を使用して文字を修飾し、本の内容を強く印象付けています。

 

ケルズの書内容
精緻な表現を盛り込んだ装飾により、ケルト美術の最高峰と呼ばれる。(引用:Wikipedia)

 

ケルズの書には羊の皮である「羊皮紙」が使われており、装飾の着色は地元アイルランドで採取されるインディゴや大青をはじめ、石膏、緑青、石黄等の顔料を使用して描かれており、著者の強いこだわりが感じられます。また、そのボリュームは680ページにもなります。

 

時空を超えて届く、著者が込めた想い

 

冒頭でご紹介した通り、ケルズの書は8世紀頃に制作されており記録も多くは残されていないため、今では本そのものから当時の著者の想いを探ることしかできません。

しかし、この美しい装丁とそのボリューム、そして本の内容から、著者がこの本に込めた制作にかける情熱や、自分の生きた証を世に残したい、素晴らしいものを後世に伝えたいという想いは十分に伝わってくると思います。

本の装丁の美しさ、本としての完成度の高さが、末永く後世までその本を残すことに繋がり、著者の想いを時空を超えて読者に伝える原動力となるのです。

 

幻冬舎ルネッサンス

太田 晋平

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント