コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > インスタグラムがきっかけで出版デビューしたカリスマ女子たち  

コラム

インスタグラムがきっかけで出版デビューしたカリスマ女子たち

 

最近、画像共有アプリ『インスタグラム』から、たくさんの女性が出版デビューを果たしている事をご存知でしょうか。

文章を書くことが苦手な人でも、インスタグラムで公開した美しい写真をきっかけに、写真集やレシピ本を出版しているのです。

今回は、そんな出版に至ったインスタグラムの、人気カリスマ女子たちのアカウントをご紹介します。
すでにたくさんの写真を投稿していて、私もいつか出版してみたい!と考えている方にも役立つ情報があるかもしれません。ぜひアカウントの詳細もチェックしてみてくださいね。

 

出版デビューを果たしたインスタグラムのアカウント

 

@mai_smoothie

 

アカウントはこちら

著書は『it’s MAI SMOOTHIE 日常にひとときの贅沢をくれる、101のスムージー』

2014年から毎朝作るスムージーの写真を投稿している、著者mai kitamuraさんのアカウント。
野菜や果物摂取のためにスムージーを飲み始め、最初は今のように華やかな見た目のスムージーではなかったそうです。よくある1色のシンプルなスムージーに飽きてきた頃、料理のひとつと捉えて味や見た目にこだわり、今のスタイルに落ち着いたとのこと。

インスタグラムにはグラスいっぱいに入った果物が美しく、材料をお皿に盛ってレシピを視覚的に伝えるなど、様々な工夫がなされています。
写真でしか表現できない彼女の世界観に憧れ、作ってみたい!と真似をするファンが集まり人気沸騰。投稿を始めてわずか1年で出版に至ったようです。

 

Keiyamazaki

 

アカウントはこちら

著書は『TODAY'S BREAKFAST―シンプルで美しい、ワンプレートの朝ごはん日記。』

「美しすぎるワンプレート朝食」で話題になった山崎佳さんのアカウントです。
和・洋の朝食を白いワンプレートに盛り付けた、美しい朝食の写真が並んでいるアカウントは見応え満点。
子持ちでデザイナー、作家でもあり、さらにはレストランとのコラボもしているなど、アクティブな人柄であることが伺えます。

『TODAY'S BREAKFAST』は商業出版された書籍ですが、無名作家など誰でも自由に著書を発表できるMOUNT ZINEを活用し、『I MAKE BREAKFAST』も自ら出版されるなど、作家活動も積極的に行っているようです。

写真を上手に活用してたくさんのきっかけを掴んでいる彼女のアカウントは、インスタグラムから出版デビューを目指す人にはとても参考になるはずです。
プロの料理研究家のような味付けや、包丁を扱う技術がなくても、盛り付けなどの工夫次第でレシピ本が出版できるかもしれませんね。

 

kikko_

 

アカウントはこちら

著書は『かんたん、かわいく作れる ハッピー アイシングクッキー』

アイシングクッキー店で制作しているクッキーの画像を発信する、kikkoさんのアカウント。
季節のイベントに合わせたポップで可愛らしいデコレーションでファンから支持を集め、約1年前にクッキーのレシピをまとめた書籍を出版しました。

アトリエの運営や東急ハンズでのクッキー販売も行うなど、活動範囲を広めているようです。インスタグラムに投稿される写真は、料理やドリンクなどが多いですが、kikkoさんのようにお菓子を投稿する人も多いようです。

 

出版を果たしたアカウントに見える共通点

 

以上、インスタグラムをきっかけに出版に至った3名のアカウントを紹介しました。

彼女たちに共通して言えることは、ただ食べ物の写真を投稿しているのではなく、投稿者独自の世界観やライフスタイルが伝わってくる演出をしていることです。
これは画像共有アプリである、インスタグラムならではの方法ですね。

文字で表現することが苦手でも、1枚の写真で伝えることが出来る手軽さが、女性たちの出版デビューの後押しをしているのかもしれません。

さらに書籍化を持ちかける出版社としても、すでに写真という素材が揃っており、出版すべきか視覚的に判断できること、制作費を抑えられるといったメリットがあるようです。

 

新しい作家と出版社の出会いの場でもあるインスタグラム。写真集やレシピ本などの出版を目指している方は、機会があれば始めてみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント