コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > なぜ人は本を書くのか?表現欲求の根源を知る(1) 【幻冬舎 見城徹の特別インタビュー】  

コラム

なぜ人は本を書くのか?表現欲求の根源を知る(1)

【幻冬舎 見城徹の特別インタビュー】

 

――何かを表現したい。
――そのために本を書きたい。
――書いた本を出版したい。

本の出版を志す方なら、ある日突然このような欲求が沸いてきた経験があるのではないでしょうか。

しかし、なぜ自分はそう思うのか、何のために出版をするのか、その理由まで考えたことはありますか。

幻冬舎の代表取締役社長 見城徹は、そうした人の表現欲求について、「表現とは究極の自己救済だ」と語っています。

本コラムでは、見城氏のインタビューからこの言葉の真意を辿り、『表現の本質』について考えていきます。

 

人は3大欲求が満たされても満足できない。『表現』をすることで救われ、前へ進める

 

『表現』をするという欲求以前に、人には3大欲求というものがあります。食べたり、寝たり、セックスしたり・・・という本能的な欲求で、人間の生を支えるために不可欠な行為です。

しかし、数々の作家と向き合ってきた見城氏は、「人間には、食べたり寝たりセックスしたりという本能的なものとは別に、『どうしてもそれをしなくては前に進めない』という欲求がいくつかある」と語っています。

それが『表現欲求』であり、人は表現をすることで自分の気持ちが整理され、癒され、満たされる・・・言わば救いを得ることができると言います。

人は救いを得て前向きに生きることができるため、逆に言えば、人は『表現』なしに前へ進むことはできない。それが見城氏の見解のようです。

 

徹底的に自己と対峙し、オリジナリティを描くこと

 

 では、その表現をする上で作品づくりに取り組む訳ですが、出版においてはどのように表現することが望ましいのでしょうか。

作品づくりに置いて重要なことは、「自分のオリジナルな世界を作れるかどうか」であると見城氏は語っています。一般論で表現するのではなく、自分の人生と対峙し、内面に迫ることで得た独自性=オリジナリティがなければ、読者の心を掴むことはできません。

こうした描く上で必要な一連の行いをすることは、体力も時間も要する大変な作業です。
しかし、著者がそれだけ覚悟を持って取り組んだ作品には、たくさんの才能や可能性が潜んでいます。読者にそれを感じさせるものこそが、オリジナリティを持つ作品であると言えます。

そして見城氏は、その才能や可能性を「見逃さずに引き上げていくのが編集者の役割」であるとも語っており、著者にはオリジナリティを魅せる努力、編集者はそれを見出す努力が必要になるのでしょう。

 

参考:『見城徹特別インタビュー』

次回も引き続き、表現欲求に関するコラムをお届けします。

 
一覧に戻る

その他のコラム

写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…
「自費出版のトラブルを防止するため、チェックするポイントを知りたい」/出版のお悩み相談
  今回の「出版のお悩み相談」は、自費出版を契約し、スタートする際のチェックポイントについてのご相談です…
いま絵本が熱い!出版不況のなかでベストセラーになる絵本たち
  昨今、出版不況と叫ばれるようになり、話題となる本とそうでない本の違いが顕著となってきました。 そんな…
福島の復興は今
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)   東日本大震災が起…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント