コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > レシピ本の出版が急増した理由とは?/レシピ本出版講座  

コラム

レシピ本の出版が急増した理由とは?/レシピ本出版講座

 

『レシピ本』の出版は、ここ数年で刊行数・売上額ともに急上昇している作品ジャンルです。
これまでは著名な料理研究家のレシピ本や料理雑誌、定番料理やお弁当の調理方法を解説するものが人気でしたが、最近は料理研究家でない主婦などの一般人が著したレシピ本が人気を博していますね。

書店に行けばレシピ本や雑誌コーナーが大々的に設けられており、目に付かないことはありません。しかし、なぜここまで話題になっているのでしょうか?
今回は、そんなレシピ本の人気の秘密に迫ります。

 

料理を介したコミュニケーションにより、レシピ本も人気に

 

今日、レシピ本の出版が増えている理由としては、スマートフォンの普及により料理によるコミュニケーションが活発化しているためと想定されます。
レシピ本を出版する著者、または読者となるのは主に主婦層ですが、彼女たちの主要メディアといえば、これまではテレビ番組や雑誌であると言われてきました。

ところが、スマートフォンの普及によりレシピ投稿サイトやブログなどを手軽に利用できるようになり、主婦層の主要メディアはWebやSNSへと変わりました。
スマートフォンは簡単に料理写真の撮影・加工ができ、更新も容易に行えます。さらに、ブログやFacebook、Twitter、Instagramなどを通じて他のユーザーと交流できるところも魅力のひとつです。

このように、テレビや雑誌などこれまでのメディアには無かった、『料理でコミュニケーションを取ることできるようになった』という点が、レシピ本を含む料理関連市場を広げている要因ではないでしょうか。

 

一般人のレシピ本がベストセラー!火付け役となったのはレシピブロガー

 

毎年たくさんのレシピ本が刊行される中で、最近は著名人でも料理研究家でもない無名の主婦や自営業の店主などが、次々とベストセラーを生み出していますね。
依然として有名な料理研究家や芸能人のレシピ本も出版されている状況で、なぜそこまで人気なのでしょうか。

その理由としては、「おもてなし」「常備菜」「カフェごはん」といった流行ワードを含む戦略的なレシピ本にまとめている事も挙げられますが、今は何より『口コミ評価』によるものであるといえます。

たとえば、レシピ検索サイト『クックパッド』のつくれぽ100人超えのレシピ集であったり、『料理レシピ本大賞』の料理・お菓子部門の大賞受賞者が著した本などは、そうした口コミ評価・評判をアピールするだけで、販売数をいっきに伸ばすことができます。
他にも、『人気ブロガー』であるとか、『ブログランキング1位』などの名称や評価を加えたレシピ本もよく見かけます。

読者にとって「回りからどれだけ評価を得ているのか」という基準は、無名のレシピ本著者の良し悪しを判断するひとつの基準になっているようですね。

 

制作コストの削減にもなる、レシピブロガーの起用

 

レシピ本の出版がここまで増えたのは、実は出版社にも理由があります。右肩下がりの不況といわれている出版社にとって、本の制作費用は死活問題。少しでも経費削減に努めたいところです。

しかし、実際にレシピ本を出版するとなると、キッチンのレンタル代に材料や道具代、調理アシスタント代、撮影代・・・もちろん料理研究家へのギャラも発生しますから、売れなければ大きなリスクを伴います。

これが無名のレシピブロガーになると、料理写真やレシピなどの本の中身となる材料がすでに揃っている上に、非常に安いギャラで掲載を承諾してもらえますから、大きなコスト削減につながります。

さらに、ランキング上位のブロガーであればすでに固定ファンが付いているため、レシピ本の購入や口コミによる宣伝効果も期待できますね。出版社にとっては様々なメリットがあるわけです。

 

このように、レシピ本を取り巻く環境はここ数年で大きく変化しています。
最近では、始めから出版を目的としてレシピブログを開設したり、出版社側もレシピ本に起用する人気ブロガーを常に探している状況です。

今後、レシピ本市場は競争がさらに激しくなるものと予想されますが、今特に注目されている作品ジャンルであることも確かです。この機会に、あなたもレシピ本の出版を目指してみてはいかがでしょうか。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント