コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 自費出版書籍を売るためのプレスリリースの作り方 (2)/自費出版講座  

コラム

自費出版書籍を売るためのプレスリリースの作り方 (2)/自費出版講座

 

前回はプレスリリースに必要な素材について説明しましたが、今回はその素材作りについて解説していきます。

リリース情報の中にはどのような要素を加えれば良いのか、文章の書き方のポイントは何なのか、ひとつひとつ詳しく見ていきましょう。

 

 

 

プレスリリースを活用した本の宣伝はもはや“常識”

 

みなさんは、プレスリリースというものを見たことがありますか?企業に勤めている方であれば、1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。
プレスリリースとは、報道機関向けの情報提供や告知、発表をすることを指します。特に、企業やサービス情報を告知・発表することでメディアに報道してもらおうという、宣伝目的のリリースが多く見られますね。

その形体はDMやFAX、メール、Webサイトでの発信など多岐に渡ります。宣伝をしたい企業はあの手この手でリリースを考えて発信し、リリース代行会社や専用のメディアを運営する会社などもあることから、宣伝施策としてたいへん人気があることが伺えます。

 

 

見てもらえる本のリリース情報には“差別化”が必要

 

さて、これほど人気を誇るプレスリリースですが、メディアに対し他社・他人のリリース情報よりも目に留めてもらうために必要なのは、スバリ“差別化”をすることです。
書籍のリリースであれば、大量に送られてくる書籍紹介文や見本書に対し、あなたの書籍は『何が違うのか』を明確にしましょう。そのためには、著者であるあなたは「何者なのか」、読者へのメッセージとして「何を伝えたいのか」を簡潔に伝える必要があります。

 

これらを伝えるプレスリリースに必要な情報は、以下のとおりです。

・書籍のタイトル
・書籍の画像
・リード文
・説明文
・著者情報
・リリース発行元

 

タイトルと書籍画像は1番目立つように

 

書籍タイトルと書籍画像は、リリースを受け取ったメディア担当が最も注目する箇所になります。目を引くタイトル作りについては、タイトル考案時にすでに考えられていると思いますので、ここでは割愛します。タイトルはリリースの中で1番大きく表記しましょう。
書籍画像は、書籍の説明文を読みながら作品の世界観をイメージさせる上で必要になります。見本書を読まずにリリースだけ目を通すというメディア担当者も多いためです。

 

リード文は、“転”と“結”をまとめる

 

次にリード文ですが、リリース作成においてはここが1番時間をかけるでき箇所です。先述したとおり、「何を伝えたいのか」を簡潔に一言で表現しなければならないからです。
表現するといっても、「私は○○を伝えたい」「私は○○だと考えている」といった単純なものではありません。以下に各ポイントを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

 

小説

 

個性的な登場人物や、独特な世界観を感じさせる舞台の説明はもちろん、ストーリーの起承転結の“承” “転”の説明から始まり、“結”の部分に少し触れるところまででまとめる事がポイントです。
そうすることで、読み手に「いったいこの後何が起こるのだろう?」「どんな結末がまっているのだろう?」といった期待感を持たせることが出来ます。

 

実用書・ビジネス書

 

ターゲットとなる読者の課題や悩みに触れることでこの書籍は“自分事”であると感じさせ、書籍を読むことでどんなメリットがあるのかを訴求します。例えば、健康に関する実用書であれば「血糖値が○%下がる」「○○な体型になる」、ビジネス書であれば「年収は○倍に増える」など。同ジャンルの書籍の帯文が参考になりますから、書店でチェックしてみてくださいね。

 

自分史・ノンフィクション

 

登場人物の特異なスペック、人生の中で起承転結の“承”や“転”となった出来事、その後の変化や得られたこと、伝えたいメッセージなどをまとめます。登場人物の人生においてターニングポイントとなった事と、その前後における感情の変化を表現することで、登場人物の人となりをリアルに感じさせることができます。

 

長くなってしまうので、説明文の作り方は次回でご説明します。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント