コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 出版社に原稿を持ち込むときのポイント/自費出版講座

コラム

出版社に原稿を持ち込むときのポイント/自費出版講座

自費出版を考えたときに、「原稿持込」「原稿応募」という言葉が思いつくかもしれませんが、実際に持ち込むときは、何をどう準備しておけば良いのかご存知でしょうか。

今回は、意外と知られていない自費出版原稿を持ち込むときのポイントついてご紹介していきます。

 

 

原稿の準備

 

原稿は原本でなく、必ずコピーしたものを用意しましょう。移動中などに万が一紛失してしまった場合も安心です。
出版社によっては、持ち込み原稿を返却しない事もあるため注意が必要です。事前に確認しましょう。
文字量が多くコピーが大変な場合は、データ化しておくと後々のやりとりがスムーズになります。

また、原稿は誰が見ても読める状態でなければなりません。
Wordデータやブログなど、キーボード入力されたものは問題ありませんが、手書きの場合は要注意。殴り書きのものや達筆すぎて読めないものを持ち込んでも、原稿に対して意見をもらうことができません。
楷書で綺麗に書かれたものが理想的ですが、出来る限り綺麗な字で書き上げましょう。

 

なぜ出版したいのか。考えをまとめておく

 

出版社に原稿を持ち込んで書評をもらう際、出版に対するあなたの考えについても質問されます。例えば、
・出版の目的はなにか
・どんな人に読んでもらいたいか
・ターゲットは
・原稿を書いたきっかけや背景

など様々です。これは単純にあなたのこと、作品のことをもっと知りたい!といった理由からであるため、緊張せず素直な気持ちを伝えましょう。
スムーズに伝えるためには、事前に考えをまとめておくのも手です。

 

出版の費用を知るには

 

出版費用の見積もりが欲しい場合、上記のように出版の目的を伝えれば概算費用を教えてもらうことができます。もっと詳しく知りたい場合は、以下について決めていく必要があります。
・書籍の版型
・製本(並製か上製か)
・何色カラーにするか
・希望する発行部数

などです。
こちらもスムーズに話し合えるよう、どんな書籍に仕上げたいのか考えておきましょう。

 

※原稿持込のタブー
・原稿の原本を持ち込む(無くしたら大変です!)
・出版の目的がない(出版は決して安いサービスではありません。“何となく”お金を使ってしまうことはトラブルの元です!)

 

以上が原稿持込のポイントになります。
あくまで“やっておいた方が良いこと”ですから、あまり気負わずに、まずは出版社に相談してみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント