コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 絵本出版講座/原画作成の準備  

コラム

絵本出版講座/原画作成の準備

 

前回を参考に絵本の絵コンテを作成したら、いよいよ原画作成に入ります。

その前にチェックしておきたいポイントを挙げていきましょう。

 

 

 

絵本の絵コンテの画材を選ぶ

 

絵本の画材選びは、どのように決めるのでしょうか?作家自身が使い慣れているものであることはもちろん、重要なのは「作風に合っていること」です。

絵本にとって、絵は中身の主役であり、全体の雰囲気をつくる重要な素材です。その絵を描くための画材選びも、絵本の雰囲気を左右する要素になるからです。

使用する着色材は、水彩絵具、水彩色鉛筆、クレヨン、アクリル絵具、カラーペン、油性色鉛筆などさまざまです。

水彩用具はやわらかい鮮やかな作風に、クレヨンははっきりとした大胆な作風に、アクリル絵の具は使用する台紙や着色方法に応用が利くため、さまざまな表現で魅せたい時に便利な素材です。

また、台紙にしても、クロッキーブック、水彩紙、ケント紙などがあります。作風にあったものであることに加え、上記の着色剤と愛称が良いものを選びましょう。

こうした画材選びも、絵本づくりの楽しみのひとつです。

 

絵本の原画サイズについて

 

もうひとつ、原画を描き始める前に確認しておきたいのが、原画のサイズです。印刷時にページの端まできれいに印刷するためには、本の実寸よりひとまわり大きく描くのが良いとされています。そのため、本のサイズよりもタテヨコ5mmほど余分に描きましょう。

文章は原画に直接描き込まず必ず別用紙に描いていき、場面によっては原画のスケール感の強弱を明確にすることも大切です。

なお、絵本の主なサイズと原画サイズは以下を参考にされてください。
A5判縦長 タテ210mm×ヨコ148mm(タテヨコそれぞれ+5mm)
B5判縦長 タテ257mm×ヨコ182mm(タテヨコそれぞれ+5mm)
A4判縦長 タテ297mm×ヨコ210mm(タテヨコそれぞれ+5mm)
A5判横長 タテ148mm×ヨコ210mm(タテヨコそれぞれ+5mm)
B5判横長 タテ182mm×ヨコ257mm(タテヨコそれぞれ+5mm)
A4判横長 タテ210mm×ヨコ297mm(タテヨコそれぞれ+5mm

 

ターゲット別 絵本の推奨サイズ

 

加えて、絵本のサイズをターゲット別に考えますと、以下のとおりになります。

・0~1歳の乳児向け絵本
正方形(182×182)推奨。あかちゃんの手に取りやすいサイズ

・2~6歳の幼児、小学生向け絵本
A4、B5(タテ、ヨコ)サイズ。

・大人向け絵本
A5サイズなど。鞄に入れて持ち歩けるサイズ、もしくはテーブルに置いてインテリアとしても楽しめる大判サイズ。

このようにして画材、サイズを決めたら、原画を描いていきましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント