コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 認識と事象   著者:黒澤 明彦

コラム

認識と事象

 

著者:黒澤 明彦

 

本コラムでは、幻冬舎ルネッサンス宛にご応募いただいた、読者の方からの寄稿文をお届けします。どうぞご覧ください。

 

認識と事象は同等の異形

わたしの中の自己

あなたの中の自己

わたしの中のあなた

あなたの中のわたし

自と他とは対峙する鏡面

 

無限無量無辺

無限無量無辺こそが宇宙

また それが自己存在

無限無量無辺

それゆえに個別の存在が表出肯定されている

 

存在と反存在

存在をはるかに超える密度の反存在世界

この時空もまた反時空の衝立にうつる一つの映像

無量に認識すること

認識し得ない世界の無限を

存在は沈黙する その反存在の記憶と伝承の豊かさのまえで

充実と理解と叡智は反存在からの光彩

物象の由来

認識の創生

 

【終】

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント