コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 認識と事象   著者:黒澤 明彦

コラム

認識と事象

 

著者:黒澤 明彦

 

本コラムでは、幻冬舎ルネッサンス宛にご応募いただいた、読者の方からの寄稿文をお届けします。どうぞご覧ください。

 

認識と事象は同等の異形

わたしの中の自己

あなたの中の自己

わたしの中のあなた

あなたの中のわたし

自と他とは対峙する鏡面

 

無限無量無辺

無限無量無辺こそが宇宙

また それが自己存在

無限無量無辺

それゆえに個別の存在が表出肯定されている

 

存在と反存在

存在をはるかに超える密度の反存在世界

この時空もまた反時空の衝立にうつる一つの映像

無量に認識すること

認識し得ない世界の無限を

存在は沈黙する その反存在の記憶と伝承の豊かさのまえで

充実と理解と叡智は反存在からの光彩

物象の由来

認識の創生

 

【終】

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫判からA5判まで。あなたの原稿に適した本のサイズは?
書店へ足を運ぶと、大から小まで、さまざまな大きさの書籍が所狭しと並んでいます。 普段はあまり意識しない本のサイズです…
3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント