コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 表現せずには、いきられない『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)  

コラム

表現せずには、いきられない
『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)

 

周りの人をだれも信じないのに

友達がほしい。

友達がほしいのに、友達がいない。

いつも、寂しくて生きている実感がありませんでした。

何のために生まれてきたのか。

苦しみながら何故人は生きなければならないのか。

私は、不思議でなりませんでした。

 

ある時、駅でチラシを貰いました。

それは、宗教のチラシでした。

「人は幸せになるために生まれてきた」

 

本当に?本当にそうなの?

 

こんなに毎日生きるのが大変で

どこが幸せなのでしょう。

その思いをかかえたまま大人になりました。

 

そして、今から20年前

ジョセフ・マーフィーの著書に出会います。

でも、その頃は読んでももさっぱりわかりませんでした。

でも、良いことが書いてあると思いました。

 

その後6年前にジョセフ・マーフィーにもう一度出会います。

この時私は、ものすごい人生の転機をむかえました。

 

ジョセフ・マーフィーを知り潜在意識のことを知ったことが

『朝のポエム』を書くきっかけになりました。

 

第三回はこちら

第一回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント