コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 表現せずには、いきられない『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)  

コラム

表現せずには、いきられない
『朝のポエム』誕生秘話 第二回(作家:三橋由紀子)

 

周りの人をだれも信じないのに

友達がほしい。

友達がほしいのに、友達がいない。

いつも、寂しくて生きている実感がありませんでした。

何のために生まれてきたのか。

苦しみながら何故人は生きなければならないのか。

私は、不思議でなりませんでした。

 

ある時、駅でチラシを貰いました。

それは、宗教のチラシでした。

「人は幸せになるために生まれてきた」

 

本当に?本当にそうなの?

 

こんなに毎日生きるのが大変で

どこが幸せなのでしょう。

その思いをかかえたまま大人になりました。

 

そして、今から20年前

ジョセフ・マーフィーの著書に出会います。

でも、その頃は読んでももさっぱりわかりませんでした。

でも、良いことが書いてあると思いました。

 

その後6年前にジョセフ・マーフィーにもう一度出会います。

この時私は、ものすごい人生の転機をむかえました。

 

ジョセフ・マーフィーを知り潜在意識のことを知ったことが

『朝のポエム』を書くきっかけになりました。

 

第三回はこちら

第一回に戻る

 

小説家の収支

■著者紹介
『朝のポエム』(三橋由紀子・著)
朝は誰もが忙しいもの。みんな一秒を争っています。
そんななかちょっと気持ちを落ち着けて、心の声に耳を澄ませてみると……。「五秒」後には、心の声がポエムになって飛び出してきました。楽しいこと、うれしいこと、夫婦のこと、子供のこと、そして仕事のことも――。
朝に生まれたポエムは、どれも朝の太陽のように暖かく、朝の空気のようにすがすがしい言葉に満ちています。

 
一覧に戻る

その他のコラム

3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…
「自費出版を印刷会社に依頼するか、出版社に依頼するか迷っています。それぞれのメリットとデメリットが知りたい」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、自費出版の発注先についてのお悩みです。 …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント