コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 実用書の書き方講座/実用書の構成を考える  

コラム

実用書の書き方講座/実用書の構成を考える

 

実用書の構成は、テーマの細分化と範囲を決める

実用書のテーマを選ぶを参考にまとめるテーマを選択したら、さらにそのテーマを細分化してみましょう。

例えば料理をテーマとした実用書の場合、
「だれでも簡単! 和・洋・中のいいとこどりレシピ100」
「三つ星シェフが教えるとっておきレシピベスト5」

このような内容の実用書を見かけたことがあるかもしれません。

これらは、料理について漠然と取り上げたものではなく、和洋中といった種別で説明するのか、料理をするシェフの知名度から説明するのか・・・料理に関わる物事のなかで、何にフォーカスして書かれているかがよく分かる実用書です。

また、フォーカスしたものについて広く浅くまとめるのか、より狭く深くしていくのか、範囲を決める必要もあります。例えば、シェフにフォーカスした料理本にする場合、世界各国のシェフを取り上げるのか、ひとりのシェフについて考察するのか。絞り込む方法を考えでみましょう。どっちつかずになると、何についてまとめ、誰のためになる実用書なのかが分からなくなります。

 

実用書の目次は、読者目線で作成

 

実用書の目次は、小説など他のジャンルよりも読者目線で考える必要があります。

ポイントとしては、「読者が習得しやすい」構成をすることです。

例えば、初級・中級・上級というように、読者が自身の進度に合わせて段階的に読み進められるもの、○○箇条・○○の法則・○○の掟といったトピックを強調したもの、場所や時間、用途などのシーン別に分けたもの、よくある疑問に回答する一問一答型などさまざまです。

また、実用書の本文にまとめきれないものを、コラムとして各項目の最後にまとめることもあります。

より良い目次を考えるには、読者はどんなことに悩んでいて、どんな目的で、どのようなシーンでこの実用書を読むのか。ターゲットとなる読者を研究することが大切です。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント