コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して  

コラム

エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して

 

エッセイの面白さは、好きなことを好きなように書けること。

これは間違いではありませんが、忘れてはいけないのが、エッセイは「人に読まれる」ということです。

いつ、誰が、どのような心境で読むのかを想定し、その読者に届けるためには、どのように書けば良いのかを考えましょう。

ヒントは、作品の「構成」や「目次」を決めることです。
著者にとって、構成や目次は原稿を書く時の道しるべになりますよね。
それと同時に、読者にとっても作品の全体像を掴むうえで役立つものになるのです。

特に目次を考える際は、事象を示すだけの単調な表現は避け、テーマや文章の雰囲気に沿ったユニークな流れにすることを心がけましょう。
例えば、硬い雰囲気のエッセイであればかしこまった調子の目次に、やわらかい雰囲気のエッセイであれば、優しい調子の短い言葉でまとめると、エッセイ全体に統合性が感じられます。

想定される読者と自身のエッセイを近づけるように、構成や目次も楽しみながら作ってみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

大人になったからこそ読んでほしい児童書
  皆さんは、子どもの頃、どんな本を読んでいましたか?本が大好きな皆さんは、小さい頃から、絵本や児童書な…
あなたもきっとなれる!本屋大賞受賞者に見る小説家への道  
2017年4月11日、今年度の本屋大賞が発表されました。 大賞作品は恩田陸著の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)です。なんと…
今日からできる!語彙力をアップさせる3つの方法
  草花がいきいきと芽吹く、暖かな季節となりました。 見渡す限り満開の桜の花がとてもきれいですよね 絶好…
春、新生活にさみしさを覚えたら読む本3選
 この春、新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか。 進学、就職、そしてそれを機にお引越しされた方も。  そ…
のど、別丁扉……意外と知らない本の部位の名称
  こちら、ある日の編集部の会話。   A「こちら○○のゲラなんですけど、Bさんどう思いま…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス新社公式アカウント