コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して  

コラム

エッセイの書き方講座/エッセイの構成&目次作成は、想定される読者と作風を意識して

 

エッセイの面白さは、好きなことを好きなように書けること。

これは間違いではありませんが、忘れてはいけないのが、エッセイは「人に読まれる」ということです。

いつ、誰が、どのような心境で読むのかを想定し、その読者に届けるためには、どのように書けば良いのかを考えましょう。

ヒントは、作品の「構成」や「目次」を決めることです。
著者にとって、構成や目次は原稿を書く時の道しるべになりますよね。
それと同時に、読者にとっても作品の全体像を掴むうえで役立つものになるのです。

特に目次を考える際は、事象を示すだけの単調な表現は避け、テーマや文章の雰囲気に沿ったユニークな流れにすることを心がけましょう。
例えば、硬い雰囲気のエッセイであればかしこまった調子の目次に、やわらかい雰囲気のエッセイであれば、優しい調子の短い言葉でまとめると、エッセイ全体に統合性が感じられます。

想定される読者と自身のエッセイを近づけるように、構成や目次も楽しみながら作ってみましょう。

 
一覧に戻る

その他のコラム

写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…
「自費出版のトラブルを防止するため、チェックするポイントを知りたい」/出版のお悩み相談
  今回の「出版のお悩み相談」は、自費出版を契約し、スタートする際のチェックポイントについてのご相談です…
いま絵本が熱い!出版不況のなかでベストセラーになる絵本たち
  昨今、出版不況と叫ばれるようになり、話題となる本とそうでない本の違いが顕著となってきました。 そんな…
福島の復興は今
(『奪われた若き命 戦犯刑死した学徒兵、木村久夫の一生』の著者によるコラムです)   東日本大震災が起…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント