コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/あなたの小説、セリフで物語を進めていませんか  

コラム

小説の書き方講座/あなたの小説、セリフで物語を進めていませんか

 

小説を書く際、地の文章を書くことは難しいと思われる方が多いかもしれません。ついつい、地の文章ではなく、セリフで物語を進めてしまうこともあります。

しかし地の文章は、心情、風景、登場人物の状態、説明など多岐にわたる役割があります。また、セリフにはない「物語を進める力」を持っています。セリフを補完することが役割ではなく、読者を物語に引き込むには、練られた(情報がスムーズに入る)地の文章が必要なのです。

また、セリフとのバランスにも注意しましょう。人は人の話をずっと聞いていることはできません。人の話を長時間聞いていると、結果的に何を言いたかったのか整理してほしくなることがあると思います。これは小説でも同様で、長短に関わらず、連続したセリフは読んでいて分かりにくくなる傾向があります。何ページにもわたってセリフが続くと、読者が小説の世界観を理解しないまま物語が進んでしまう怖れもあります。

書き終えた後の充実感は想像以上だと思いますが、少し時間をおいて、誰が読んでもわかりやすい内容になっているか、小説の内容を再度チェックしてみましょう。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…
「自費出版を印刷会社に依頼するか、出版社に依頼するか迷っています。それぞれのメリットとデメリットが知りたい」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、自費出版の発注先についてのお悩みです。 …

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント