コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/小説のキャラクターのセリフが「著者の言葉」になっていませんか  

コラム

小説の書き方講座/小説のキャラクターのセリフが「著者の言葉」になっていませんか

 

小説にありがちな失敗例として、キャラクターが著者の考えを代弁しているケースがあります。

しかし、小説は「あなたの心の中、あなた自身をさらけ出すこと」であるのだから、キャラクターの台詞が著者の考えを代弁していても良いのでは?と思うかもしれませんが、それでは当初構想したキャラクター設定からずれてしまいます。

また読者にとっても、小説を読み進めるうちに、キャラクターから作者の自我が垣間見えてしまっては不自然に思うでしょう。

もちろん、小説を書いていくうちにキャラクターが固まってくることもありますが、時には振り返って「本当にキャラクター自身の言葉になっているか」を考える必要がありそうです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫判からA5判まで。あなたの原稿に適した本のサイズは?
書店へ足を運ぶと、大から小まで、さまざまな大きさの書籍が所狭しと並んでいます。 普段はあまり意識しない本のサイズです…
3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント