コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/小説のキャラクターのセリフが「著者の言葉」になっていませんか  

コラム

小説の書き方講座/小説のキャラクターのセリフが「著者の言葉」になっていませんか

 

小説にありがちな失敗例として、キャラクターが著者の考えを代弁しているケースがあります。

しかし、小説は「あなたの心の中、あなた自身をさらけ出すこと」であるのだから、キャラクターの台詞が著者の考えを代弁していても良いのでは?と思うかもしれませんが、それでは当初構想したキャラクター設定からずれてしまいます。

また読者にとっても、小説を読み進めるうちに、キャラクターから作者の自我が垣間見えてしまっては不自然に思うでしょう。

もちろん、小説を書いていくうちにキャラクターが固まってくることもありますが、時には振り返って「本当にキャラクター自身の言葉になっているか」を考える必要がありそうです。

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント