コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座/小説のテーマは普遍性とオリジナリティを追求しよう  

コラム

小説の書き方講座/小説のテーマは普遍性とオリジナリティを追求しよう

 

小説を書くとき、あなたはどのような『テーマ』を構想しますか。

 小説を執筆する上で、作品の方向性を決めるテーマ選びは非常に重要です。よりスムーズに、ブレずに執筆するために必要な、作品の主軸となる要素だからです。

そこで今回は、小説のテーマとはどのように考え選ぶべきなのか。他の作家と差をつけるためには、どんな工夫ができるのかを解説していきます。

 

小説に必要なのは普遍的なテーマ

 

誰も思いつかない奇想天外なものや、人々の想像をはるかに超えた未知なる領域をテーマにしたもの…。ひと目につく小説を書くために、ついついこうしたテーマを選びがちですが、
小説のテーマは『普遍的なもの』でなくてはなりません。

小説を読んだ読者が、自分に深く関係のあることや、今後起こりうることが小説の中に含まれていると感じることで、作品に対して共感や好意、反感といった感情が生まれるからです。
逆に、先述したような誰にもあてはまらないテーマを選んでしまうと、読者から何の感情も持たれない、興味関心を引かない小説になってしまいます。

そうならないためにも、小説の普遍的なテーマを知っておく必要がありますね。
まずは以下のテーマを参考にしてみてください。

・親子の愛情
・男女の恋
・友情
・過去、未来
・人への感謝、喜び
・人への恨み、憎しみ
・戦争、死

以上は一例ですが、小説の普遍的なテーマとはいわば人間の普遍的なテーマです。
あなたが書いてみたい、または執筆途中の小説には、どれが当てはまりますか?

 

小説は普遍的なテーマの中で、どこまでオリジナリティを出せるかが勝負

 

普遍的なテーマの小説にしてしまっては、他の作家の作品と被ってしまうのでは?作品のオリジナリティが無くなるのでは?と考えるかもしれませんが、オリジナリティとは、普遍的なテーマの先に見えてくるものです。

例えば、今話題の小説を参考に、男女の恋愛をテーマにした場合について考えてみましょう。

恋愛小説『植物図鑑』が累計80万部超えのベストセラーとなり、2016年には映画化も決定している著者、有川浩さんをご存知でしょうか。
有川さんの作品は、恋愛小説でありながらも独自の世界観が際立っています。

累計600万部以上の大ベストセラーであり、テレビアニメ・映画・ドラマ・実写化などを果たした『図書館戦争』は、架空の世界を描いたSF小説として知られていますが、同時に恋愛小説としての要素も多分に含まれた作品で、恋愛ものとしても知られています。

先述した『植物図鑑』は当初、ケータイ小説サイトで連載されていたこともあり、主人公のOLと青年の恋愛模様を書いたいかにも若年層の女性に好まれる作品です。
作風も、ライトノベル作家としてデビューしたこともあってか文芸書よりも軽いタッチで書かれているのが特徴です。

このように、普遍的な男女の恋愛というテーマの小説であっても、SFなどの世界観を加える、ありふれた日常を舞台にする、登場人物の年齢を変える…といったことだけで、いっきに小説のオリジナリティが増してきますね。

 

ですから、まずは普遍的なテーマをひとつ選び、あなたらしいオリジナリティ溢れる要素を加え、どんな小説を書くのか一言で表現してみましょう。
小説を書き始める前にまずこの作業をしておくと、テーマに沿った原稿を書くことができ、執筆がスムーズになります。

 
一覧に戻る

その他のコラム

文庫判からA5判まで。あなたの原稿に適した本のサイズは?
書店へ足を運ぶと、大から小まで、さまざまな大きさの書籍が所狭しと並んでいます。 普段はあまり意識しない本のサイズです…
3人の作家に学ぶ!”プロ流”ストーリーの作り方
 「小説を書きたい」――本好きなら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか。 しかし、思いつく題材はいつも何…
人生が変わる?「読書記録」のススメ
本を読み終えたとき「面白かったー」と、そのまま終わりにしていませんか?本との出合いは、感情を揺さぶり、時にはその後の…
原稿制作の3ステップにみる書籍出版の流れ
  ニュースで話題となったばかりの出来事をテーマにした書籍がすぐに書店に並び、その早さに驚くことがありま…
「一度も作品を書き上げられた経験がありません。どうすれば原稿を完成させられるのでしょうか」/出版のお悩み相談
  幻冬舎ルネッサンスの「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、長編小説の原稿の書き方についてのお悩みです…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント