コラム

コラム

自費出版:HOME > コラム > 小説の書き方講座 /小説を書く前に「誰に何を伝える物語なのか」を決めましょう  

コラム

小説の書き方講座 /小説を書く前に「誰に何を伝える物語なのか」を決めましょう

 

何の予備知識もない、まっさらな状態から初めて小説を書く方は、最初に何から書こうと思いますか?物語の舞台や登場するキャラクター、場面ごとの5W1H(※)を思い浮かべるかもしれませんが、それだけでは不十分です。

※5W1Hとは
「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という6つの要素をまとめた、情報伝達のポイントのこと。

小説は作者であるあなたの心の中、あなた自身をさらけ出すことが重要です。さらけ出すことで小説に独自の世界観や個性が生まれ、他の小説とは違う魅力を放ちます。

たとえば、小説を通じて世の中への感謝の気持ちを伝えたいのか、人間関係の理不尽さに対する怒りを伝えたいのか。そして、小説を読んだ読者にそれをどう読み取ってほしいのか、どんな気持ちになってほしいのかを考えましょう。

「誰に何を伝えるか」。これが、小説の物語を考える上での第一歩となるのです。

 

 
一覧に戻る

その他のコラム

「戦国時代の歴史小説の原稿を書いているのですが、事実の調査ができない部分があり、頓挫してしまっています」/出版のお悩み相談
  毎回好評をいただいている「出版のお悩み相談」コラム。 今回は、歴史小説執筆についてのお悩みです。 …
エッセイ執筆でスランプに陥ったときに整理すべき3つのポイント
自分の経験をつづるエッセイは身近なものであるため親しみやすく、「私もエッセイを書いてみたい」と考える人は多いのではな…
児童文学を書くときに気をつけたい3つのポイント
子どものころ、誰もが一度は物語の世界に憧れます。 「不思議の国のアリス」や「ナルニア国物語」、「赤毛のアン」など、…
写真集の出版を検討する人がまず考えたい3つのこと
スマートフォンやミラーレス一眼カメラなどの普及により、誰でも簡単にきれいな写真を撮ることができるようになりました。 …
家族・友人以外にも読んでもらえる「自分史」の作り方
「自分史をつくって、家族に遺したい」――近年、こんなご相談をいただくことが増えてきました。 具体的に内容を聞くと、…

お電話によるご相談はこちら
お電話でお問合せ
お電話受付時間(平日10:00~20:00)
幻冬舎ルネッサンス公式アカウント